年6回しかない療育クラス開始

療育の様子 comments(0) - U-I

幼稚園入園前クラスが終わって一段落した療育教室、
この前あらたに年少児クラスが始まりました。

メンバーは知らない子たちばかり。

年6回しかなく、前期は月1回。
1時間しかないのですが、幼稚園はおやすみして行きます。


さっそく1回目があって、幼稚園をおやすみして行ってきました。


幼稚園から帰ると毎日、今日はお歌歌ったよ、おやすみってやったよ!おもちゃのチャチャチャってしたんだよ、楽しかった!と報告してくれるYくん。

ある程度慣れて、これまで全くやらなかった手遊びやお歌家での練習の成果が現れた?!と喜んでいたわけです。



新しい療育教室の先生は前の先生と同じだし、流れもほぼ同じ。


なのに見ていたらあれれれ?

お返事はしない、自分のお名前言わない、楽器やらない、トランポリンやらない、
見るだけのやつと製作だけやったけど…作ったものでは遊べなかった。

この姿、入園前と同じだし(^o^;)

もうちょっと楽しんで出来るかと思ってたのに、ほぼずっとむくれ顔。

終わったあと本人は楽しかった!と笑顔でしたが…

やらなかったのはYくんだけで、他の子はみんなやってる状態

手先がうまく使えない子や言葉の出がまだ少ないなど、それぞれ親御さんたちは悩みを口にしてましたが、ちゃんと全て子供たちは参加してました。



いやいや、トランポリンとか好きでしょ!
普通に楽しめるやつでしょそれ!

と、つい突っ込みたくなるけど、
やっぱり環境ひとつひとつになれていかなきゃ楽しむという余裕まで到達しないみたい。

やったことある事でもなかなか初めての環境では始めることが出来ない。

製作したもので遊ぶときには、遊び方がわからないのに聞けないで立ってただけ、時々後ろで見学してる私に目で救いを求めてた。

出来なくてもみんなそれぞれの楽しみかたで楽しんでいたのにね
そういうことが、出来ないみたい。





Yくんはどうしてもいろんな所に注意が行ってしまって、行動ひとつひとつが進まない

着替えるだけでも、パンツを脱いでふるちんで窓の外を覗き、ブラインドの紐で遊び始め、
注意してやっとこさパンツを履くと、今度は電気が気になって、

そんなことしてるからパジャマの上にシャツを着たり、Tシャツに足を突っ込んだり、
首の方から着ようとしたりする。
そして間違ってることに指摘されるまで気づけないのだ。



食事も噛んでる間に首はキョロキョロ、目についたものから会話が膨らんでお喋り出るわ出るわ。
ぼーっとしてスプーンを口にカチャカチャ入れて遊び始め食べることを忘れるとか、

45分は必ずかかる食事がちょっとした(?!)ストレス。



作業療法士さんがわざわざ教室が終わったあと話をしに来てくれたので、話を聞いてもらった。



まだ食事はたくさん噛まなければならないものではなく、カレーのようなすいすい食べられるのにする

着替えや食事で目につくものがあまりないように環境整理をする必要があるとも教えてくれた。

ついたてを作るとか、ロールアップスクリーンで目隠しするなど。



これでも着替えは、おもちゃはしまってテレビも消してやってたり工夫はしてるつもりだったけど、まだまだそういった配慮は必要なようで。

成長したからとゆるくなってた部分もあったかな。



この日もトイレ行くー出ちゃう〜!とお弁当中に騒ぐものだから急いで連れてったら、トイレでキョロキョロ。
出ちゃうんじゃないんかーい!!

しおわったあともパンツはく前に1つなにかを見つけてお喋り。
促さないと、パンツまだはいてないことになかなか気づけない。

脱いだズボンがおいてある床に、シールが貼ってあるとか、文字が書いてあったとか、いちいちそんな些細なことに意識を持ってかれてしまうわけで。


改めて、こりゃ幼稚園の先生は大変だなぁと思った。





でも作業療法士さんが居てくれるとすごく心強い。
このかたのお陰で、2歳児のYくんとうまく向き合う方法のヒントをつかむことが出来たんだ。



幼稚園の連絡ノートで、担任の先生から「療育教室での様子も今度教えてください。Yくんの成長を一緒に見守りたいと思っています」と書いてくれてました。

今回の様子を含め、園での様子も聞きたいなぁ。


また療育教室「竹クラス」は来月にあります。


作業療法士さんはいるかな??


進んだり戻ったりしながらだけど、何故か毎回、やらなかったのに楽しかったと笑顔で言えるYくんに救われる。



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 


歌詞の絵や次の課題

長男Y君 comments(0) - U-I

こんにちは。朝五時に起き出したYくん、風邪引いちゃったので、
早く治したかったらママの言うこと聞きなさい!と、ベッドでまだおとなしくさせてます(笑)


ゴールデンウィークの連休はどう過ごそうか悩みます。
風邪の容態にもよるし。

ちょっと咳が出るだけでぐずぐずする。
風邪でメンタルもやられちゃうからいろいろ手をやきます。



幼稚園入って二週間なのですが、いろいろと成長を感じてます。

手遊び、寝る前に練習するようになったら、幼稚園でもちょっとずつ参加できる部分が出てるみたい。





歌が耳だけでは覚えられない、覚えても記憶をスムーズに引き出せない、速さに処理がついていけないなどの理由があって参加できないので、よく幼稚園で歌うさんぽを、
絵を見ただけで歌えるようにしました。

細かくひとつひとつの歌詞を書くことで、見ただけで歌詞が出てきます。
3番まで歌えるようになりました。


初めてのお歌です。




私は絵を描くのが苦手。


発達障害の特性に、イメージ力の苦手さがあります。

人の顔から手足がはえてる絵を子供が描く事もあると思いますが、そんな感じで、胴体や手足がうまく把握できておらず、顔しか描けないという状態になるのです。



私もソレ。人以外にもイメージや記憶の中の物だけで何かを描く事が難しいですね。

なので今回の歌詞の絵、幼稚園に入ったらイラストを描く事が必要になると感じていたので1年ほど前から勉強したりしていました。

あとは、便利なインターネットで参考になるイラストを探し、それを見ながら描いたりアレンジしました。

色を塗るのは好きな方なのですが、塗ることでちょっと分かりやすい絵になりました(笑)





他の人もある程度そういう、見なきゃ描けないのはあると思いますが、描いていたものや描けるものも0からは難しいんです。

絵以外にも、実際に体験体感出来る生活の中で学ぶものは覚えても、
学校で教わるような座学は、イメージする力がかなり必要なので理解が難しく、覚えられません。


文章から何かを理解する、読んで頭に入れる、聴きながら書くなどが難しい。

「印象」というぼやっとしたものだけで感じ取ってしまう部分が多いのもあって、似た者の区別が難しかったり、なんとなくでしか理解できて無い。


幼稚園に入って、
少しずつそういった学習面でのサポートが必要になってくるなぁと感じてます。


今は座学習は無いけどね。

歌など耳からの情報だけで覚えるもの、
手遊びや踊りなどでは手足の認識と動かし方などの感覚統合のサポートが必要な部分、

みんなと同じスピードでついていけるように体に教え込む事や、
自分の記憶に自信が持てないという気持ちがすでに出始めてるようで、覚えたことを発揮する場面では不安を感じてる様子が見られるので、そこをサポートする事、


今の課題って感じかなと。


歌、さんぽを歌詞絵をみながら歌えてる動画を見たパパは、泣いてました(笑)

それだけ、我が家にとってはすごい事。

因みに2歳のZくんも真似してそれっぽく歌ってました。

こういう反応をYくんは一度も見せなかった、だからこそ、徐々に自然に出来るようになる子より、
些細なことでも感動するほど成長を感じるんでしょうね。





幼稚園に行ってる時間が増えてから家で遊ぶ時間が減ってるので、やることやって自由時間を多くして遊ばせたりテレビを見たりさせてあげたいです。

でも、食事に一時間近くかけたり、すぐ他のものに意識が行って作業が進まなかったりと時間がひとつひとつにかかります。


目の前にあるものも見つけられないのですぐに無くした!無い!どこ?!と騒ぐし、着替えの時に間違った着方をしてる事に気づけないなどもあり。




結局時間がかかって、遊ぶ時間が無くなってしまう。
そういう部分で、私も同じなのでわかるくせに子供にはイライラしてしまうことが増えました。

これまで幼稚園とか無かったけど、入ってから生活の中で時間のしばりが出てきた事、

自分でやりたがることややれることが増えたのにも関わらず、一人でやらせると気が削がれて全く進まないのをたくさん感じるようになったからです。


いい意味で、障害を忘れてはいけない。

つい出来るものだと思ってしまって、何でまだやってないの!何度言わせるの!とか怒る(^o^;)

怒られた時のYくんは、何で怒られてるのかわからないような顔をしてたりする。


冷静に落ち着いて伝えなきゃこの子の中に入っていかないってわかってるけど、まだまだ未熟な私。


鬼ママ率高め(汗)


にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園に入って3日立ちました

長男Y君 comments(0) - U-I

忙しくて書きたいと思いつつも時間が無かった…

いつの間にか、気がつけば入園していたYくん。



幼稚園生になりやした。




入園1ヶ月前からめきめきと出来ることが増え、急成長してました。
この時を待っていたかのようだ。

前向きに頑張る姿が目立ってきて、それなりに会話になるというか、こちらが聞いてることを理解して回答出来る事が増えた。



入園式でも泣く事はなく、ずっと付き添ってはいたけどなんとか頑張っていました。
制服を着るのも、ベレー帽を被るのも嫌がるかと思いきや、むしろノリノリ。
はしゃいで家を出ていきました。


入園式次の日はさっそくバス通園。
それも問題なく、幼稚園バスを楽しみにしてテンション高め。


バスが来ると、先生と挨拶を交わしていってきまーすっとニコニコで乗り込んだ。

むしろお兄ちゃんがバスに乗ってギャン泣きしたのはZくん。


公園よって機嫌をとっても、時々「兄ちゃんいっちゃったね」「あれ、兄ちゃんどこ?」
家でもしばらくは親指ちゅっちゅと吸いながらソファでぼーっと…


お兄ちゃんロス。

この日からとりあえず毎日お見送りの後は公園散歩がルーティーン化しつつあります…



半日保育は3日間。
帰りも問題なく帰宅して、その日あった事をちゃんと話してくれました。

歌や体操はやらなかったとか、その間は怒ってたとか(笑)


保護者会もさっそくあって、担任の先生が「ちょっとずつどれも参加してますよ」と。



療育でもちょっとずつ出来るところだけ参加してるから、そのまんまだなーと。


でもYくん今のところ幼稚園大好き!

保護者会のため帰りのバスは無しだったら「バス乗りたかった…」というし、 
明日は土曜日だからお休みですというと
「えー!いやだー!」と悲しむし。


月曜日からはさっそく1日保育だから、疲れが出たり、苦手な事をやる場面が増えてくじけたりするんじゃないか…とも思うけど、
なんだか大丈夫そうだなって安心感も大きい。




思えば、ものすごーく濃い3年間だったと思う。
2歳から療育があって、母子分離もたくさんやった。
苦手なこともたくさん体験してたくさんないて、それでも切り抜けるという経験値たくさん積んだね。

さらに、出来た!が増えてものすごく嬉しそう。自信がどんどんついて、へこたれないような強さも付いてきたように思う。

周りの環境にものすごく恵まれました。
Yくんが自信をつけて強く過ごせてるのも、療育や周りの人たちのおかげ。
優しい人ばかりで、ほんと嬉しいね。

変な目で見てる人もいるのだろうけど、そういうのあんまり気づかないから←
露骨に嫌なことを言われたら傷つく=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
でも、また頑張れるよう親子でなんとか力をつけていきたいな。



ほんとは、もうひとつ運動療育の教室にも行く予定だった。
見学もしてあとは契約だけ!という状態で入園したんだけど。
なんかこれ以上忙しくしなくても、幼稚園でやっていけそうだなーとか、
その教室が家から徒歩40分だったこともあって…
魅力的だったんだけど、とりあえず今はこのままでやっていくことにしました。


何かあれば私たち親が教えて行こう、って。





他の3歳児で幼稚園派の子は、母子分離の経験も少ないし、Yくんのこれまでの経験はそりゃ自信になるよね。





あと、隣駅まで通いに行ってる療育では、目標や目的に沿ってやっていく。
6ヶ月を目安に見直したりいろいろするんだけど、3ヶ月立って中間報告をこの前受けました。


目標としていた事が出来るようになってきてるのがよくわかって、本当に身に付いてるんだと改めて感じることが出来た。

授業?のモニタリングしてると、もちろんYくんのいい変化をちゃんと見ることが出来ていたけどね。







名前を呼ばれたらお返事する事が出来るようになったんだけど、大きな声を越えて叫び声になってしまうYくん。

月曜日までに、声の大きさの絵カードは作ろうかと思ってます。




嫌なときにすぐキャーと叫ぶのは相変わらず無くならない…



でも、制服を着るとすごく頼もしいお兄ちゃんに見えます。










因みに、私も先生にものすごくおせわになっちゃってます笑


保護者会で内容を理解することが出来なくて迷惑かけたりしたくなかったので、ICレコーダーで録音してたんですが。


それをわかった上で、担任の先生がわざわざ手書きで保護者会の内容を書いてくれました。


たぶん、その場で書いたのだと思います。
旦那が一緒に来てたらその必要は無いのもわかってくれてると思うので。




私の事も、Yくんの情報と一緒に発達センターから幼稚園に連絡が行っていたのか、ものすごーくよくしてくださってます。


連絡ノートをさっそく書いて、さっそく字を間違えてたらしく後日それを見たパパに突っ込まれたけど。

先生ならわかってくれてるから、まぁいいや!と、ちょっと恥ずかしいけどね、そんな感じです。

バカ丸出しで周りにも確実にそう感じさせてるのもわかっです。この感覚はいつになっても嫌なもの。


でも仕方がないとか、子供が幼稚園入る前に自分のこと理解できてよかったと思える。

今から小学校の事が心配だよ笑
幼稚園みたいに手厚くなんかしてくれないだろうからね。
子供じゃなく私に?(^^;
内容も幼稚園より難しいことたくさん増えるだろうし…



でもYくんも頑張ってるし、一緒にがんばろー

 










にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



 


一時保育の利用終了

長男Y君 comments(0) - U-I

今日で一時保育の利用が最後のYくん。

なんだか寂しいなー。

Zくんはまだ一年お世話になりますが。




Yくんは5ヶ月くらいの時から、もうひとつ登録していた保育園の一時保育を時々使っていました。


離れても泣かない方だったけど、それでもなんとなく馴染めてなかったかな。



1ヶ月に1度とか、ほんのたまにだったし。


でもZくんを出産してから、今使ってる方の一時保育に週に2回は預けるようになりました。


一年近く前に、登録に1回行っただけだったのに、顔を見ただけであだ名まで覚えてくれていてくれたここの先生たちは、ほんっとうにお世話になりました。
泣くどころか楽しくて帰りたがらないぐらい気に入ったようて、それからはずっとこちらを使わせてもらって。



1歳半頃から3歳4ヶ月になるまでずっと一緒に育ててくれた先生たち。



イヤイヤ期や、発達障害の特性が一番良く出てくる、難しく大変な時期に、
一緒になって悩んだり考えたり、向き合ってくれました。



対応の難しさを一緒に感じてくれたので、これはお母さん大変ですね、と、私の気持ちをわかってもらったり(笑)、


Zくんも5ヶ月前から一緒に預けたりしはじめて、いろいろ親身になって接してくださっていたんです。



トイレトレーニングが思ったより早くすすんだのも、
スプーンの逆手が早めにマスター出来たのも、この保育園の存在があったから。



16キロほどある3歳の男の子を、ダッコで寝かし付けさせてくれたり…お昼寝時間の調整や起こす時間もこちらに合わせてくれたし。


 

 

 

 


療育も早くに通い始めた事もあって、誰よりもたくさんの事を経験することが出来ました。


細かくひとつひとつ教えてあげなければわからない子だけど、周りがしっかりとひとつひとつ優しく教えてくれて、少しずつ出来る事や興味を持てるようになって
 

療育で教わったことを伝えると保育園の全然も実践してくれました。


小さな失敗にパニックになったり、きりかえが難しくて大変だったのに、
いまでは新しい事や苦手なことにもチャレンジする時が出て来るようになりました。

良く笑い、自信のある様子が見られます。




最近ではなんと、
「起きて、一人で着替え、夜のおむつもおむつゴミ箱に捨てる」という作業が一人で出来るようになってます。


私が起きたときにはもう着替え終わってリビングに居ます(笑)

出てるおもちゃで遊ぶくらいで、他のしまってあるおもちゃを広げてるわけでもなくちゃんと待ってるんです。



自分でちゃんと出来るようにと、ひとつひとつ一生懸命教えた事が出来るようになって、本人も嬉しいみたい。


側に居ると、着替えもやって〜と甘えちゃってますけど(笑)


パニックを起こしたときや起こしそうなときも、落ち着く方法を教える、パニックにならずに伝えるよう教えていくと、今ではかなり落ち着いて伝えられるようにもなってきたと思います(まだぐずぐずするときあるけど)



失敗しても、「まいっか」精神をうえつけたくて声かけに気を使っていたのがよかったのか、最近身に付いてきた感じもあります。




保育園の先生たちもめきめきと成長してきた姿を見て安心してくださってる様子。


成長したらしたで、また違った困りごとも出てきますが、まずはこの次のステップ[幼稚園]で、頑張れる強さは身に付けられたんじゃないかなーって思います。

 

 

 

その証拠に?


3歳3ヶ月で、やっと手遊びなどを一緒に出来るようになってきました。

もちろん、ゆっくりゆっくり、Yくんのペースに合わせて教えながらですが。

こんな簡単な動きがなぜそれになる?!といった極度の不器用さが見てとれる(笑)ものの、
大きな栗の木の下で は、一緒にほぼ同じくらいのペースで歌えるようになってきたし

グーチョキパーでーグーチョキパーでー、までは一緒に合わせて出来るようになってきました。



教わるのも、出来ない自分もわからない自分も嫌だったのにね。


幼稚園で皆と一緒にすることはまだ出来なくても、
こういうのを楽しいと思いながら、たとえ私とだけでも取り組めるならそれで満点。





教え方を気を付ければちゃんと応えてくれるようです。




6月に、初めての発達クリニック受診もあります。


療育通いも継続しつつ、幼稚園生活も楽しく過ごせるといいな。





一時保育の利用が終わってしまうのはとても悲しいけれど、まだ先生には会えるしね。



夏なんかは保育のお散歩時間に公園で会える可能性も高いし。





たくさんお世話になりました( ´ー`)







にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM