スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    幼稚園に入って3日立ちました

    長男Y君 comments(0) - U-I

    忙しくて書きたいと思いつつも時間が無かった…

    いつの間にか、気がつけば入園していたYくん。



    幼稚園生になりやした。




    入園1ヶ月前からめきめきと出来ることが増え、急成長してました。
    この時を待っていたかのようだ。

    前向きに頑張る姿が目立ってきて、それなりに会話になるというか、こちらが聞いてることを理解して回答出来る事が増えた。



    入園式でも泣く事はなく、ずっと付き添ってはいたけどなんとか頑張っていました。
    制服を着るのも、ベレー帽を被るのも嫌がるかと思いきや、むしろノリノリ。
    はしゃいで家を出ていきました。


    入園式次の日はさっそくバス通園。
    それも問題なく、幼稚園バスを楽しみにしてテンション高め。


    バスが来ると、先生と挨拶を交わしていってきまーすっとニコニコで乗り込んだ。

    むしろお兄ちゃんがバスに乗ってギャン泣きしたのはZくん。


    公園よって機嫌をとっても、時々「兄ちゃんいっちゃったね」「あれ、兄ちゃんどこ?」
    家でもしばらくは親指ちゅっちゅと吸いながらソファでぼーっと…


    お兄ちゃんロス。

    この日からとりあえず毎日お見送りの後は公園散歩がルーティーン化しつつあります…



    半日保育は3日間。
    帰りも問題なく帰宅して、その日あった事をちゃんと話してくれました。

    歌や体操はやらなかったとか、その間は怒ってたとか(笑)


    保護者会もさっそくあって、担任の先生が「ちょっとずつどれも参加してますよ」と。



    療育でもちょっとずつ出来るところだけ参加してるから、そのまんまだなーと。


    でもYくん今のところ幼稚園大好き!

    保護者会のため帰りのバスは無しだったら「バス乗りたかった…」というし、 
    明日は土曜日だからお休みですというと
    「えー!いやだー!」と悲しむし。


    月曜日からはさっそく1日保育だから、疲れが出たり、苦手な事をやる場面が増えてくじけたりするんじゃないか…とも思うけど、
    なんだか大丈夫そうだなって安心感も大きい。




    思えば、ものすごーく濃い3年間だったと思う。
    2歳から療育があって、母子分離もたくさんやった。
    苦手なこともたくさん体験してたくさんないて、それでも切り抜けるという経験値たくさん積んだね。

    さらに、出来た!が増えてものすごく嬉しそう。自信がどんどんついて、へこたれないような強さも付いてきたように思う。

    周りの環境にものすごく恵まれました。
    Yくんが自信をつけて強く過ごせてるのも、療育や周りの人たちのおかげ。
    優しい人ばかりで、ほんと嬉しいね。

    変な目で見てる人もいるのだろうけど、そういうのあんまり気づかないから←
    露骨に嫌なことを言われたら傷つく=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
    でも、また頑張れるよう親子でなんとか力をつけていきたいな。



    ほんとは、もうひとつ運動療育の教室にも行く予定だった。
    見学もしてあとは契約だけ!という状態で入園したんだけど。
    なんかこれ以上忙しくしなくても、幼稚園でやっていけそうだなーとか、
    その教室が家から徒歩40分だったこともあって…
    魅力的だったんだけど、とりあえず今はこのままでやっていくことにしました。


    何かあれば私たち親が教えて行こう、って。





    他の3歳児で幼稚園派の子は、母子分離の経験も少ないし、Yくんのこれまでの経験はそりゃ自信になるよね。





    あと、隣駅まで通いに行ってる療育では、目標や目的に沿ってやっていく。
    6ヶ月を目安に見直したりいろいろするんだけど、3ヶ月立って中間報告をこの前受けました。


    目標としていた事が出来るようになってきてるのがよくわかって、本当に身に付いてるんだと改めて感じることが出来た。

    授業?のモニタリングしてると、もちろんYくんのいい変化をちゃんと見ることが出来ていたけどね。







    名前を呼ばれたらお返事する事が出来るようになったんだけど、大きな声を越えて叫び声になってしまうYくん。

    月曜日までに、声の大きさの絵カードは作ろうかと思ってます。




    嫌なときにすぐキャーと叫ぶのは相変わらず無くならない…



    でも、制服を着るとすごく頼もしいお兄ちゃんに見えます。










    因みに、私も先生にものすごくおせわになっちゃってます笑


    保護者会で内容を理解することが出来なくて迷惑かけたりしたくなかったので、ICレコーダーで録音してたんですが。


    それをわかった上で、担任の先生がわざわざ手書きで保護者会の内容を書いてくれました。


    たぶん、その場で書いたのだと思います。
    旦那が一緒に来てたらその必要は無いのもわかってくれてると思うので。




    私の事も、Yくんの情報と一緒に発達センターから幼稚園に連絡が行っていたのか、ものすごーくよくしてくださってます。


    連絡ノートをさっそく書いて、さっそく字を間違えてたらしく後日それを見たパパに突っ込まれたけど。

    先生ならわかってくれてるから、まぁいいや!と、ちょっと恥ずかしいけどね、そんな感じです。

    バカ丸出しで周りにも確実にそう感じさせてるのもわかっです。この感覚はいつになっても嫌なもの。


    でも仕方がないとか、子供が幼稚園入る前に自分のこと理解できてよかったと思える。

    今から小学校の事が心配だよ笑
    幼稚園みたいに手厚くなんかしてくれないだろうからね。
    子供じゃなく私に?(^^;
    内容も幼稚園より難しいことたくさん増えるだろうし…



    でもYくんも頑張ってるし、一緒にがんばろー

     










    にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 子育てブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村



     


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM