スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    体の使い方は1から全て教える

    発達障害 comments(1) - U-I

    長男のYくんは、真似っこが苦手だと言われ、実際昔から手遊び、リトミック、歌などはやらない。(一人では歌えるけどピアノなどに合わせては出来ない)




    3歳3ヶ月になったYくんに、来月からついに幼稚園に行くことになるので、ボタンを自分でつけはずしすることや、自分で体を洗うなどの動作を教え始めています。



    やっとこの段階に入れたなという感じですが、Yくんはわりと覚えは早く、教えて理解できれば、体の感覚を掴めれば習得が可能なのです。

    ただ、応用はきかない、1から飛ばすことなく順に教えるという、最初のプロセスがなければいけません。



    本人のやる気が無いと、じっくり教えるという事はなかなか難しい。


    それでも、ありがたい事に「お兄ちゃん」だと自分で思っているので、カッコいいお兄ちゃんになるべく一生懸命頑張っています。


    発達障害児の気質としてよく出る「1番(1等賞)思考」もだいぶ出てきてるので、この先教えることはたくさんあるなぁ…とは思いながらも、今は周りの子と自分を比べずにすんでる事もあって、一つ一つ頑張っています。




    3歳になってからここ3ヶ月間でやっと、
    靴を履く→靴の左右がわかる→ズボンの後ろ前がわかる→靴下が履ける

    まで出来るようになりました。
    急成長です!
    本人にやる気が出たタイミングだったのが一番大きいと感じます。


    靴下はまだ右が苦手だとか、かかとが上にくるなどはありますけどね。
    そういうのはまだまだ全然、他の3歳児にもあることなんじゃないかと思います。




    配慮の必要な部分としては、コツを手取り足取り教えるという部分かなと。



    ここ数日で、ボタンに挑戦し始めたYくん。


    外すのから教えることにしました。

    言葉で教えてもわからないので、
    「まずママがやるから見てね?」と視線を手元に集中させてから、

    それぞれの手が掴む場所などをゆーっくり、わかりやすく教えました。


    目で見る事で理解がグンと上がるので、思った通り自分でボタンを外せるようになりました。

    3日で、自分のパジャマのボタンを自分で全部外せるまでに成長。

    出来なかったときの落胆具合も、前向きな言葉をかけると本人もわりと前向きに切り替えられるような成長も見せてくれました。



    まだ、ボタンや服を掴む指が、やりづらそうな持ち方してたりしますが。
    一度にいろいろは教えられないので少しずつです。



    ボタンをかけるのもやりたがるようになってきてますが、これもまずは毎日少しずつ教えて、できなかったら前向きな言葉で締めくくっておしまい。

    失敗経験を増やさない為に徐々にを貫きます(^o^;)



    私も教え方がうまくないので、時々パパとか別の人に教わるのもとてもいい刺激になると思うんですよね。

    Yくんの中で、わかりやすいポイントというのはちゃんとあって、誰がそこに触れるかはわからない。





    今日は、体を洗わせてみました。


    体を洗うのはいつもパパやママ。まだやりたがらず、興味も持ちません。
    もうすぐ2歳になる次男Zくんの方がやりたがる(汗)


    やらせてみると、
    まず洗う=ゴシゴシする
    というものがYくんの中には無い事がわかりました。


    Zくんはまだまだ不器用ながらも、左右に動かして“ゴシゴシ洗ってる風”で形になってる、何がしたいかちゃんと伝わる動きなのですが、

    Yくんには「ゴシゴシ動かしてごらん」と言ってみたり、手を取って動かしながら教えたりしなければいけない。
    お腹をさわさわっとタオルで撫でるだけ。


    首も洗って〜といったら、ココ?といいながら首をタオルでひと撫で。

    それ洗ってるって言わないから〜!


    肩を洗うように言ってみると、頑張って右の手で右肩を洗おうとしてました。



    「反対の手で持ったら肩洗えるんじゃない?」と伝えたところ、

    反対の手(左腕)を洗いだすYくん。


    頭には冒頭の“反対の手”しか入っておらず、あとは先入観というか、勝手な推測で理解してしまいます。



    私は、右手からタオルを取り、左手に握らせました。


    タオルを掴む右手は、「離して」といいながらタオル引っ張ってもなかなかすんなりは離さない。


    今度は左手に握らせたいのだけど、手のひらにタオルを持ってって私が手を握らせるという、ここまでやらないと、タオルを持つことが出来ませんでした。


    私が何をさせようとしてるのかわからなかったからですね。


    左手を私がそっと右肩に持っていって、やっとここで初めて自分で肩が洗えました。

    ふぅ。


    さて、ここまでやって、今度は左肩を洗えるかというと、
    さっきよりはすんなり行くけどやっぱり自分で考えて動かすことは出来ないんです。


    Yくんの中ではこの時点ではイコールにならないので、何度か繰り返して感覚を取り入れないと進みません。


    今日はここまで。
    脚や足の裏もやらせましたが、そこは本人の思うようにやらせてほめて、

    後ろはママがやるね? でおしまいです。



    体を洗う絵カードもあるんですが、お風呂に持ち込めるような加工をしなきゃいけないのかぁと思うと…まだ作ってないので…


    でも今日の体験は確実に本人の中に入ってるので、徐々にやれば出来そうです。



    因みに、髪の毛はまだ洗いたくないようで嫌がりました。

    体を洗うタオルは大丈夫だけど、石鹸を手にとって泡立てるのは嫌みたい。

    すぐに流したがりました。



    ま、1歳児Zくんも髪を洗うのと石鹸を泡立てるのは嫌がったのでね…


    Zくんは同じようにまだリトミックやたいそう、手遊びの真似っこはしません。
    でも、教えるのは言葉で(知ってる言葉なら)理解できるし、お兄ちゃんのやってるのをよく見て真似してるので…単純にお遊戯系好きじゃないのか…?という感じ。






    話は戻って。
    こんな状態なので、改めて、とてもじゃないけど幼稚園で踊ったりなんか出来ないだろうなって思いました。


    何より、苦痛だろうな…と。



    私ができることは、踊りの動きを前もって聞いておいて家で教えるとか、動きや歌詞のわかる絵カード(イラスト)を作成するとかくらい。



    無理にやらせるわけではなく、あくまでも本人の気持ちを楽にさせるのが目的で。
    知ってる、なんとなく動きがわかってれば不安も少なくてすみますからね!


    こういうの、幼稚園側は協力してくれるのかなぁ…めんどくさいと思われないかなぁ…そこまでしなくてもって思うかなぁ…って気持ちも、ちょっとある。


    でも、たぶんやるのとやらないのでは違うだろうし、初めだけサポートすればやれることも増えていくので、グイグイやるしかない。





    さて、入園までにあと何ができるようになっているかな( ゚ー゚)




    息を吐くというのがわからず説明も嫌がり、鼻がかめないので自分でかめるようになってほしいなぁ〜




    にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 子育てブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村



     



     


    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧

        管理者の承認待ちコメントです。

        • -さん
        • 2018/03/30 3:43 AM
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM