3歳トイレと言葉の理解

発達障害 comments(0) - U-I

寝れません(^o^;)

子供の頃から寝付きが悪く、中学の頃は睡眠三時間で毎日を過ごしていた私は、高校も含め寝坊ばかりしてました。


今はロゼレムという薬を飲んで寝ています。
睡眠薬とかそういうのではなく、体内時計をリセットするようなやつで、自然な眠りにみちびいてくれます
癖になるものではなく、むしろ弱いやつなのでしばらく飲み続けてやっとなんとなく効果が出るくらいなもの。
副作用なんかもありません。

なわけで、たまに効かない時も。




発達障害児は睡眠がうまくいかない事が多いのですが、Y君は徹底的な管理を赤ちゃんの時からしてるので基本的にはすぐに寝付き、19時〜7時近くまで寝てくれてます。


でもそれを崩さず、更には疲れ具合や午前と午後の活動量を計算しながらお昼寝の有無を考えてあげなければいけません。


お昼寝はしても今は30分で起こさないと、夜寝るのが遅くなります。
お昼寝したときは、午後活動的に過ごさないといけませんし、数日お昼寝無しで過ごせばやはり少しずつ疲れがたまってくるので、その辺も調節が必要です。



疲れが出てくるとぐずぐずがひどくなります。
そして、寝ても眠りが浅くなった時点で目が覚めてしまいます。
脳が興奮状態にあり、神経過敏になってるらしいです。

なので、疲れさせれば寝る、といった単純な過ごし方が出来ません。
(Z君は寝るのも上手だしそこまで細かく考えなくても不安定になることはありません。)


眠いからとすぐには寝られないし、眠いから寝る、というタイプでもなく、どこでも寝れる子でも無い。
日頃の状態を安定させたり、ちょっとした変化に気付くようにするためにも、毎晩同じ流れですごし、毎晩同じ時間に寝かせ、毎朝同じ時間に起きるといった管理が必要です。





発達が遅れぎみですが、療育や、家での過ごし方もあって、それなりに順調に育ってくれています。

トイレも幼稚園前におむつがなんとか外れました。


これもとても苦労しました。


普通は1〜2歳でトイレの間隔が2時間空くようになってくるようですが、Y君は、45分間隔でした。


2歳半でまだ15分おきに出てたり、1時間持ちません。

ただ、本人はわりとトイレのやる気はあったので、45分でタイマーをかけ、この度におまるに座る生活を長い間続けていました。

そりゃーもう大変でした。

1時間空かないんです…疲れる…


それが、2歳11ヶ月、いきなり2時間空きだした(゜ロ゜)

外出時、気がつけば4時間出てない!なんて事も。もちろん45分おきにトイレに連れていきましたが、なぜか出ない!これはもしや?!

そして、間隔が安定してからすぐに、ほぼ漏らすことなく自己申告でトイレですることが出来るようになりました。


間隔が空くと、楽だ〜!!
漏らしても全然いい!15分おきに漏らされて午前だけで10回とかパンツ洗った日を思い出します(  ̄- ̄)



今の課題は、トイレに行きたい!というときに自分の判断でトイレに行けない事です。

おしっこ出ちゃう〜!と騒ぐけど、そこからズボンをおろすという判断思考にいたらず。

急いで下ろしてあげないと出ちゃったり…
気が散りやすいので、ズボンをおろす前に他の事が気になり気がそれてる間に出ちゃう事も。


それも、最近少しずつ出来るようになってきています。

おしっこ出ちゃうーとバタバタして来たら、「落ち着いてね、じゃぁズボンをおろそうか」と落ちついて言ってあげると行動にうつせます。


これは、私も「頭が痛い…」から→薬を飲もうという思考に行き着かず、誰かに言われるまで、その手があったか!と気付かないので、Yくんにも言ってあげるのがいいと判断しました。


つい最近、トイレでおしっこが出来たらゼリーのご褒美があったのですが、成功率が上がったので、
『ズボンとパンツを自分で脱いで、おしっこのあと自分ではけたらゼリー』というルールに変更しました。



いつものように、でちゃう〜!と言ってきた時に、「出ちゃうと思ったらズボンをおろす!」と言ってから、おろしてごらんと声をかけるようにしました。


それが浸透してきたので、今度は
「おしっこの時は、どうすればいいんだっけ?出ちゃう時は?」

Y「出ちゃう時は、ズボンをおろす!!」と自分で答えてから、脱ぎだしました。

おぉ!これはすごい。


あとは、ご褒美ゼリーが彼のなかで絶対ならしく、ゼリーの為に、ママに脱がせてもらうという甘えより自分で脱ぐ事が出来るようになってきました。




脱いだ後の、ひっくり返って裏地が表に出てきたズボンを直すのはまだ出来ません。

教えたのですが、
手を入れるところがわからず、
ポケットに手を入れるとか。
足を通す所に腕を入れて、裾を掴んで引き抜く、というのを教えてもまだ出来ないようです。

入れた腕の方の手で裾を掴むという、どう考えても簡単そうなこの動作がわからず、どうしても何も掴まずに腕を抜いてしまう。
もしくは、一生懸命もう片方の手で裾を掴もうとする。
そっちの手で掴んでも引き抜けないよ〜と教えてもなかなか理解に時間がかかります。


パンツの裏地が表に出てるのにそのまま履いたりもするし、パンツこそ裏返すの難しいから、今はまだその段階では無さそうです。








とてもお喋りなので一見普通のお兄ちゃんに思われるし、親でさえついつい理解してるもんだと思いながら話がちですが、言葉の理解にはまだまだ遅れが目立ちます。






今年はクリスマスツリーにとてもよく反応し、サンタさんも認識が出来たので、サンタさんはプレゼントを持ってきてくれるのだと話してみました。


「サンタさんは、クリスマスの夜に、プレゼントを持ってきてくれるんだよ。Yくんがお願いしたものをくれるかも。プレゼント何をおねがいする?」


Y「プレゼントお願いしたい」

「欲しいものをくれるよ、何が欲しい?」

Y「お願いしますってしたい!」



まだ、プレゼントがなんなのかまで教えることが出来ませんでした。

たぶん、ここで例えば「おもちゃがもらえるよ、何が欲しい?」と聞いていたとしても、
「おもちゃが欲しい」としか答えられない感じです。



ある日、ネットスーパーでおむつを頼んだのが箱で届きました。
Y「ピンポーンって来たの?これプレゼント?プレゼント来たの?」
と。

おむつの写真が箱にあるし、いつもみてるやつですが…(^o^;)
「違うよ、これはおむつだよ」

Y「Zくん、これプレゼントだよ!」

だから違うって(ヾ(´・ω・`)
君の中の“プレゼント”っていったい…




他にもこんなことが。





ちょっと風呂掃除してる間にやんちゃぼう'S達がシンクにボールをいれる遊びをしました。


これからご飯作るって言うのに!キレた鬼ママ。
ゴミ箱へ捨てた鬼ママ。

泣き叫んでヤダヤダなYくん。
わかっててあえての知らぬ顔Zくん。


ここに、パパ帰宅です。(ラインで一連の簡単な流れは送ってました)

Y「パパ〜パパ(T0T)」

パ「どーした、落ち着いて話してごらん?落ち着いてからでいいから」

Y「ママが怒ったの〜( ノД`)」

パ「なんでママは怒っちゃったの?」

Y「ママがっ、ぽいってしちゃったからなんだよぉ(泣)」

パ「ママが何か捨てちゃったの?Yくんが何かしたの?」

Y「ボールをぽいってしちゃったんだ!」

パ「ダメって言われてる所に入れたらママ怒るよ〜?ちゃんとごめんなさいしておいで?」


そのあと何度かママごめんくさいを繰り返し…



マ「もうしない?」

Y「うん!」

マ「でももうボール無いよ」

Y「ヤダーやだったのー(泣)ボールぽいってしないの〜」

マ「じゃぁ、シンクに入ってボール汚れちゃったから、パパに一緒に洗ってってお願いしな? ゴミ箱にあるボール、お風呂で一緒に洗ってください、お願いします、って言っておいで」(このやりとり横でパパ聞いてます)

Y「うん、パパー、お願いします」

パパ「パパは何をすればいい?」

Y「ぽいってしちゃったんだ」

パパ「うん、Yくんが投げたボールを、どうすればいい?」

Y「うん、ママが怒って、パパにお願いしますってするんだ」

パ「もう一度ママに、何て言えばいいか聞いてごらん?」


ママのところに来て、
Y「お願いした」

マ「お願いできた?パパいいよって言った?」

Y「うん、ううん、ぽんぽーんってぽいって遊ぶんだ!」

マ「ゴミ箱にあるボール、お風呂で洗ってください、って言っておいで?キレイキレイしてって」


Y「パパ、キレイキレイするの」

パ「何を洗えばいいのかな?」

Y「ぽいってしちゃったの」

パ「そっか、パパは何を洗えばいい?」

Y「チッキンで洗うの」(キッチン)

パパ「キッチンでは洗わないよ?どこで洗うって言われたの?」

Y「ぐちゅぐちゅぺってしたーんだ!」





やりとりを完全には覚えてないけど、まぁこんな感じで、会話になってないです(笑)


何を?とか、何が?と聞かれたときに、問われてることがわからず答えられないようです。

ふだんから、何がと聞くととんちんかんな答えがかえってします。


あと、このやりとりの最後にぐちゅぐちゅぺっとか関係ないことを言い出しましたが、たまに関係ないものが突然ぽこっと入ってきたりします。


あげた、あげる、くれた、などの立場によって変わる言葉もまだ理解できてないので、
Zくんにおやつをわけてもらったりしたときに、「あげてくれたよ」とか「あげたの」といいます。
「あげたの」は完全に意味変わるよ(笑)


状況に応じての言葉の使い方がわからないのはまだまだこれからって思いますが、
会話にはある程度したいところ。


頷きながら、わかった!と答える時も多いのですが、本当にわかってるかどうか(^-^;


能力によって遅れのばらつきもありますが、半年くらいは平均的に遅れてるので、いずれはわかるようになってくるのでしょう。



でも、1歳8ヶ月の次男の方が理解できて、3歳のYくんが理解できてないような状況もあり。


本人が悩みだすのはいつなのか、ポジティブに向かって歩けるような子にすることが出来るかとか、いろいろと考えながら……


最近は何より二人のたえないイタズラに手をやいています。



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM