個別相談卒業

長男Y君 comments(0) - U-I



全部入ったー!(笑)



前回の記事、ヘルプカードをつけるでは、たくさんのシェアありがとうございました。m(_ _)m

私は知り合い、顔見知りのいる場に多く出るので、さっそくカードをつけて出歩いております。


知っておいてもらいたいお友達数名には、手帳をみてもらいました。

何か私に出来ることがあればお役に立ちたいと思ってるから言ってね!
といってくれました。

なんだか照れ臭くて、「大丈夫大丈夫!なんかわかんないことあればやって〜って感じで言うくらいだよ〜」なんて軽く言ってしまった(笑)

優しい言葉をかけてもらって、何て言えばいいか、わかんなかったなー。



Yくんの事も話題に出すことがあるからその繋がりとして、皆には知っててもらいたい。特に隠したいといった気持ちはありません









この前、Y君の個別相談のカウンセリングへ行ってきました。

一歳半健診の時に、こちらから個別相談を希望。
そのときはまだ私は自分の事の確信は出来てなかったけど、
0歳の時から、シャボン玉を一つ追うばかりで全体を見ていないとか、
子育てイベントに参加しても体操やみんなと一緒に同じことをして遊ぶときになると嫌がるとかを
話しました。


積み木を積むような検査をしたかな。

その次は、5ヶ月後くらいに。
発達検査は積み木やお絵かきとか、言葉の確認とか。
発達の遅れは3〜4か月くらいで、ものすごく遅いというわけではないということ、ただサポートの必要なタイプだということを心理士さんが教えてくれました。





そして今回。
プレが決まった頃に、という話でした。
幼稚園は小規模が合ってるといってたので、プレは家から遠いけど小規模でY君が楽しそうだった園、あと家から近くて私が通わせやすい大きい園二つに申し込みました。

それを伝え、また発達検査。


同じ形の積み木を作れるか→
指示がわからず、心理士さんが作った物に積み木を足して大きくした。

めくると絵が出てくる所と無い所があるやつで(真剣衰弱みたいな)絵がどこにあるかを覚えられるか→
しっかり当てられた。時間が立ってからもう一度やっても覚えられていた(3問)


同じ形を指差し出来るか→
指差しで教えることは出来なかった。渡されたカードを、同じ形の所に被せていた。


大きいのどっち?泣いてる子どっち?を指差しで教えられるか→
出来なかった。やる気も無かった。


二本線を心理士さんが書いて、同じのを書けるか→
家で市販のドリルをやったときに、「線ビー」といいながら線を書かせていたので、線ビーだよと教えると、出来た。【サポートして出来た】


絵をみながら用途を言うと物の名前を言えるか→
出来た。傘だけは教えてなかったのでわからず。
(座るのはどれ? これ、おいすー 等)


心理士さんが言う数字を真似して言う→
出来ず。しなーい、と(笑)





他にもいくつかあったけど、だいたいこんな感じかな。


結果としては、

言葉のみの指示の理解が難しい
初めての事は理解がしずらい 等。




私の発達検査テストの結果の紙を見せたら、
「これを見ると確かにYくんも同じ感じですね。このまま支援を受けずに育てば同じ結果が出るような」
と言われました。



私からは、やはり見る力が弱く物を探したり全体を見ることが出来ていない事、感覚が敏感なこと(感覚過敏)、4文字以上で言葉が長くなると、難しくなって雰囲気でしか覚えられなかったり、短縮してしまう事を伝えました。

耳からの指示だけでは理解できないのも確かに日頃からあります。
その場合しっかりその物を触って目線を合わさせて説明しています。




そして今後の事。
まずは、こども発達センターへ通うことになります。
なのでここでも個別相談はここでおしまい。

私が申し込みしたら、これまでの記録はセンターへ送ってくれるそうです。





発達センターは、本当にいろんな専門家さんがたくさんいます。


集団で何かしたりもするらしいし、初回の発達検査で、今後のどんな感じで通っていくかを決めるようです。






Y君の苦手な事、支援次第で、今の私の状態より良くなるのかどうか。。それは正直わからないらしいです。


でも、出来ない、わからないからと内に閉じこもり、意欲を削がれてしまうのが一番怖いと言われました。

それはとてもよくわかります。
私が経験した事が、そのまま先生が言ってる事で。
私も避けたいと思ってたことでもありました。



能力が同じなので、いいサポーターになれる、いい関係になれると言ってもらえました。


わからないママ達は、怒ってはいけないとわかりながらも怒ってしまい、それで自分を責めて心を病んでしまう…そんな事もあるのだとか。。

そう、わからないというのもよくわかります。
私も、旦那にすらイライラさせてしまったりしたし、他人にもたくさん怒られてきたし、知ってる人でさえ、頭ではわかっていても…よくわからないものなんですよね。


今気を付けることは、出来ないことを怒らないこと、無理をさせないでゆっくり様子を見ること、じっくり時間をかけてひとつひとつ教えていくこと。



サポートの必要ないタイプの子って、ほんとに教えなくてもなんでも普通に習得していくんですよね。


次男Z君や周りの子をみてるとよく感じます。

まだY君しかわからなかったとき、周りの子達が出来る何かにたいして、本当にすごーい!!と反応してました。

Y君は、そこまで教えないって事までじっくり教えていく感じだったから、それが普通なのかと思ってたんですね。

もちろん、他から見てすごいと言われるような所たくさんあるので、みんなそれぞれなんですが( ゚ー゚)




でもそろそろわかってくる。
幼稚園という学びの場に入ったときから。

周りの子のように楽しめない→ルールや何を楽しむものなのか理解が出来ない、

全体を見ることが出来ないから
知らぬ間に皆わかってて自分だけわかってない

皆出来てることが出来ないか、もしくはついていく事に焦るようになる


幼稚園なんてまだそれぐらいだけど、それでも楽しく意欲的に、そして自信をもって過ごして欲しいです!

性格なのか気質なのか、一度やってダメだと心折れるタイプだし(私も同じだった)、すぐパニックになるから、そこも相談したいなと思ってます。



発達センターの事はまた後日。







 


  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM