療育体験クラス3回目☆少しずつ…

療育の様子 comments(0) - U-I


3回目のレポートです。


始めに着替えからはいりますが、しなーい、と反抗期全開。
ママやって〜とか、聞かないしふざけるし初っぱなからため息です(笑)

専用のかごにお弁当や水筒、着替えを入れるところから難航して、なんとか最後の方になって保育士さんの力を借りて着替えました。

ママだと甘えちゃうみたいですね。

畳むのはどうしてもちゃっちゃと素早くやるので、簡単な手順(3回ぱったんするだけ…)もなかなか聞き入れてくれません。

どうも、ズボンは半分におるところを、シャツの袖を内側に折るように畳みたいらしく。


着替えにかんしても、顔より後ろに手を持っていくというのが出来ない様子。

シャツを被るときに顔を出せません。
前ばかりひっぱってしまって。
手を後ろに誘導しても、掴んでくれないのでなかなかうまく行かない。

ズボンもおしりを引っ張れなくて、最近右手だけは後ろに持っていけてますが、左手はなかなか。



食事の際左手が基本的にお膝の上かおしりの横等で、下におりていてテーブルにあげようとしても嫌がるのですが、それも何か関係してるのでしょうか??




おもちゃ遊びをしてからリトミック。

今日はリトミックの段階で、扉のところに行って「あっちいくーおうち帰るー」とぐずりました。




じゃぁここに座って見てよう、とかなんとか言ってなだめ、お膝に座らせて見学。



何らかの形で参加、という所を意識して、
リトミックに合わせ

ママ「ガタガタしていい?」(バス?や船に乗るような動きのとき)


Y君「ガタガタしないぃ!」

ママ「じゃゆらゆらするね」

Y君「うん」

よしっ!




ママ「お手てぶらぶらしていい?」


Y君「ブラブラしないぃ!!」

ママ「だめ?じゃぁお手て触ってるだけ」


Y君「うん」



そっととんとんするが嫌がらず←こんなんじゃほぼ参加してねぇ(笑)



立って動物体操するときは、
立って見てようよ〜とか言ってみたのですが、だめでした。

手を動かしたりさせられるかなといつもののりで私が「ダッコでやる?」と聞くと、保育士さんに「座らせていた方が自分から立ちやすい」といわれました。

私が立っても嫌がって、でも嫌がりながら私にぶら下がったりしてる間に体操終わり。




みんな上手だったね〜拍手〜なんていったらとりあえず笑顔でしたからまぁいいか。





続きは
↓↓↓




 

 

 

 

 


トイレは少し長めにすわると出る方なのですが、2回あるトイレタイム両方とも『10数えたらおしまい』と、便座に座ってから数えてすぐに終わる流れ。


人数も多く混雑するからしかたないのかもしれないけど、ズボンとおむつを脱がして履かせてとやってるのがバタバタして大変すぎる(笑)

すぐに気が他に削がれるから特に。
トイレ座ればトイレットペーパーカラカラに夢中とか
ヤッテーデキナイーとママによじ登り、周りを見て車の絵とか見つけてそっちに夢中。



いつも最後の方になってしまいます。





手を洗うとき、手の甲をどうも自分で洗う発想にならないようで言ってみたら
「さっき洗ったよぉ!」と怒られました。
そんなこと言えるようになったのね…(-∀-`; )


バタバタトイレを終わらせたら、おあつまり。

席についてシャボン玉を見て、おもちゃを見たり。

順番に遊んで隣の人に渡すのもちゃんと出来てました。


保育士さんにお名前呼ばれて返事をして、タッチからの両腕ぶるぶる〜は横向いて叫んでいやがり終了。



ここまでの事、他の子は全員やってます。




次の音楽の時間は、親は別室から隠れて様子を見ます。




前回作業療法士さんが側についてたので、泣きながらも落ち着いてちょびっと参加したり出来てたのですが、今日は居なかったのでほぼ泣き通しでした。





今回は理学療法士さんが居ました。


初めての子で、パニックになったり叩いたりしてしまうタイプの子に付きっきり状態だったので今回は何もアドバイスなどはありませんでした。




この音楽の時間たくさん泣いて、ずーっと「あっち行くーもうおしまいなのーおしまいにするのー」と懸命に叫んでました。


もう一人終始泣いて参加できなかった子が居ました






終わって出てきて、ダッコしたらすぐに泣き止み次へ進みます(笑)



マットに乗って保育士さんに引っ張られて、機関車ごっこ?



強引にやっていくというのを学んだので、「一緒に乗ろうよ、ママやりたいからやるよ!」と言って強引にダッコでママごと乗車。

保育士さん二人がかりでひっぱってもらいました(笑)


2回目も同じように「ママやろーっと」といってY君をおいて行こうとしたら、ちゃんと一人で泣かずにマットの上まで来られました!

持つところを「捕まって」というと嫌がるので「持ってて」と言うと、ちゃんと取っ手を持ってました。



まだ私と一緒にですが、全くやらなかった初回、1度だけだけど泣き叫ぶY君を強引に私ごと乗らせた2回目、
と、だんだんと出来ることが増えてきています。












次はプレイルームで滑り台やトランポリンなど7つくらいのものをぐるぐる順番にやっていきます。



前回(初回)、ほとんど出来なくて走り回り、マットにゴロゴロして遊ぶばかりだったのに、今回はすべて順にこなすことが出来ました(*´∇`*)





うまく説明が出来ないのですが、うんていの低いバージョンのようなアーチ型のものがあって、本人がママと手を繋いでやるというから繋ぎながらバーに立つようにして登ってやっていたら、怒られちゃいました(^o^;)



立ってやるのは小学生だからって。

手を差しのべずに自分でやらせて体の体幹や体力などを養う時間?ならしく、言われてはじめて(なるほど…)と思いました。
ただの遊びの時間じゃないんだよね、よく考えれば当たり前なのだけど、考えなしでした。

しかも、これ(遊具?)は前からどうやってやるものかいまいちわかってなかったんですが、これも今回たまたま側にいた保育士さんがY君に助言してくれてて初めてなんとなーくですが知りました(-∀-`; )





その後トイレに行きお弁当。


今回は左右の人たちが見えないようになってる所でお弁当しました。




食が細くなってる最近、お弁当も半分食べてご馳走さま。



並みがあるので調節しないとダメなようです。



ここでも保育士さんが来て、空っぽにしようと頑張ってみたもののダメだったので、「量が多いかもしれないですね」とお話して、
Y君にお片付けやってもらいながらお昼は終了。




絵本タイム、ペープアートでおしまい。



皆と椅子に座って、親が後ろから見てるような時はちょこちょこ後ろを振り返り、私に話しかけたり共感を得ようとしていました。


皆と手を繋いでさよならあんころもちの手遊びをするときには、嫌がって私のお膝に避難。






終わってから「ちゃんとお目目を見てさよならしようね」と言うと、なかなかY君の方を見てくれない保育士さんたちに困惑しながらも頑張ってさよなら、さよならと言ってました。





帰りの準備は走り回ってなかなか進められなくてため息。


Z君お迎えして終了。




なんだか疲れきってしまいました。






自分自身もいっぱいいっぱいで、保育士さんとかに子供に対する接し方を見られながら時にはダメ出し(アドバイス)をもらい、私は私で頭フル回転しながらこの時はどんな対応がいいのか考えて実践。



忙しく、この二時間半休める時間が無い気がします。






前回の事で学んだ事は、

いやがってても何かしら参加する形をとる、

「やろう?こうする?」という疑問系での話しかけは、子供に主導権を渡してしまってて結果やらないに繋がるので、「こうしよう!これやろう!」と選択の余地を与えないこと。


Y君のマイナスな言葉は「嫌なの?」などと繰り返さず「そう?」くらいにする




これらはなんとかやってみて、うまく行くことがあると体感できました。






気付いた事として、
Y君の姿勢が飛び抜けて悪かった事。
背中は丸いし、椅子は横向いて座るし、前回注意されたけど膝を広げてすわる事。


私も姿勢が悪く、シャキッとしなさい!と怒られていてそれが嫌だった記憶があります。
自分的には今の状態がまっすぐだし、まっすぐにされると違和感があって疲れる。






もしかしたら小児側湾症とかかもしれないですね。脊柱側湾なんちゃら。



先天性の側湾症は今からすでに背骨が曲がったりしてきてるらしく、原因はわからないけど遺伝が強いらしいです。

内臓やいろんな部分に影響が出ますし、小児側湾は自然治癒する場合もある中、経過観察しながら重症度に合わせて治療。




治療すれば治るみたいです。



私は側湾症と言われたことはなかったけど、中学の時顎関節症になり、蛇みたいに曲がってると病院の先生に何度か言われたことがあります。
骨盤も曲がっていて、おしりを強打したことがあるか聞かれましたが、そこ止まりでした。(なんて医者だ!いやそんなもの?)





姿勢を保つのが難しいとか、あれもこれもが遺伝したのか?!と心配しています。

いまから出来ることがあるならしてあげたい。


体の歪みからいろんな病気になってしまいますからね。

私は顎関節症や、足の歩行時の痛み、今は外反母趾の悪化で涙してますから(|||´Д`)




私の手首にあるはずの骨が一部無いのもわかっています。




Y君は一歳の頃から背骨のひとつがボコッと出ていて赤くなってたり周りが少し青くなってます。

同じように足の甲の、リスフラン関節?というところも突起していて、すこしアザのようになっています。



ここは体重がよくかかり負担の多い部分で、Y君は爪先歩きを良くするので痛みが発生しないか心配です。
外反母趾などになる事があるようですが、どちらかというと足の外側の指(小指薬指)が内側に入っていました。

亜脱臼や捻挫などするしスポーツする人には辛いらしいので、どうしたものかと…。




どちらにしろ、力のかかり方が片寄っているし、いろいろ問題解決していくのは難しそう。


骨の出てるところ(足、背中両方とも)が痛いと言った事がありましたが、続くことはなくけろっとしていたので様子見してますが、どこかで相談できればなぁと考えてはいます。




発達障害の遺伝は覚悟して子供を望んだし、遺伝していたら仕方の無いことだから一生懸命やるだけだ!と思っていましたが…
ここまでくると、健康に産んであげられず申し訳ないと思ってしまいます。






妊娠前から葉酸をとり、酒タバコももちろん辞め、妊娠してからはカフェイン、生物、ありとあらゆる『良くない』とされるものを避け、栄養に気を使い過ごしました。

何かあったとしたら、悪阻がひどく7ヶ月くらいまでまともなご飯を食べていなかった事とか。



でも、ここまでしても、結局ガッツリ遺伝するんだなぁと…わかりました(^_^;)






療育が始まってなれてきつつある今、逆に自分がマイナスに転がりそうですが、なんとか一緒に楽しくやっていけたらと思います。


体の不調も、今すぐに何か出来るものでないのだとしたら様子を見てあげることしか出来ないのだし。


背骨の湾曲の中で肺機能の事もちょっとあるのを聞いたことがありますが、
私は走ったりプールでガッツリ息継ぎしたりすると、肺がものすごく痛くなってしまい苦痛でした。小学生の頃からです。


が、親に言ってもこれといって…という感じの子供の頃だったので、我慢我慢で、普通の事なんだろうと思いながら今に至ります。



本人すら気づかないようなそういうSOSに、いち早く気付き一緒に考えていける存在になれればいいですよね。




大丈夫、大丈夫。





プレもあって療育もあって、急に話し言葉が立派になってきたY君ですo(*⌒―⌒*)o





にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 学習障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM