短期記憶が苦手

次男Z君 comments(0) - U-I
とってもお久しぶり。


次男の療育なんかでバタバタしながらも、いろいろわかったことが出てきました。



お兄ちゃんと一緒に個別療育に通うべく、受給者証の申請をしました。

発達センターへ何度も足を運んでこどもの様子などを何度と何度も話して。
小児科医などから療育が必要な旨が記載された診断書or意見書を出してもらわなきゃいけなかった。

長男Yくんの時の掛かりつけの小児科は無くなってしまってたので、次男Zくんのかかりつけの病院がない。。

行ったことのある病院3つ当たって全部だめで泣いた。

別に発達障害の診断を下して欲しいと言ってる訳じゃないのに、こういうことに関して知識のある医者が少ないみたい。
僕にはわからないから書けないと言われて途方にくれた。

紹介状で大学病院に行くように言われたときはどうしようかと思った。

正式な診断は別の病院で受ける予定なのに、大学病院なんて私が今欲しがってるものをくれるような感じではないでしょ…と私にもわかったよ。

近いので市民病院にしてとお願いした。

一応大学病院に電話で問い合わせてみたけど、来年の何月の予約で〜って言われて。

そうじゃないんだけどなーと心折れかけながら市民病院に電話したら、優しく丁寧な対応でほっとしたよ。

結局市民病院で書いてもらえて、提出は間に合った。


もっと簡単に書いてもらえると持ってたので、こんなに病院はしごすることになるとは思ってなかったし。
問い合わせたひとつの病院はせんせと直接電話で話したら最後はガチャ切りされたよ。

もうそこの病院行けないじゃん(泣)一番近かったのに…。



でもこれでお兄ちゃんと一緒に個別療育受けられるよ!!

Zくんは、耳からの指示が入りづらい。でも聞き取れた部分だけで勝手に内容を想像して「わかった」と返事をするので、周りからは気付かれづらいし、間違って理解したことでいろんなことにねじれが生じる。


そして視野が狭くて、頑固になってしまうので、ここには無いと思ったら彼のなかでは無いという決定からくつがえらない。
目の前にあっても、言葉での誘導があっても、物や指示されたものが探せない。

自分の感情にも疎いので本心を自身が理解するまで少し時間がいる。

見通しのつかないことは苦手でやりたがらない。
ルールのあるゲームは苦手、集団でおこなうゲームも不参加、集団が苦手。
自分の体に必要以上の力が入ってしまう。

最近さらにわかったのは、
短期記憶が苦手だということ。

手におもちゃを持ってるとか、お出掛けの時にこれを持っていく!と手に何か持ってて。
お水を飲むとか靴下をはくとか靴を履くなんていう動作が入るとかならず持ってたものを忘れていく。


これが常にあるから、こういう状況の時は彼がどこに置いたのか把握しておくようにこころがけてる。

じゃないと、思い出したときに無い無い騒ぐし(^o^;)



早速今日はお気に入りのぬいぐるみを出先のトイレに置いてきたかもしれない。

私が預かったりしてたのに、本人に返してからは注意するのを忘れてたよ↓



私も短期記憶が弱い。

どんなに一生懸命勉強しても、ひとつやったらその前の事は忘れてしまう。
常に頭で考えてるような状態で過ごしても、テストなどの目的を果たして安心すると全て忘れてしまうんだ。

答案が返されて答え合わせなんかしても、覚えてないから意味がわかんない。

その都度1から説明してもらわないと、興味の有無に限らず忘れてわからなくなる。

これを繰り返してるとね、勉強疲れるんだよね。


やっても身に付かない、努力が実らないというか、手応えがないんだもん。
一生懸命頑張ったものが一瞬で消える、しかも普段から。


どんなに頑張っても忘れるから勉強の意欲は落ちる。
生活やコミュニケーションで大事なことは書いておいて、必要に思えるときは予習してからいかないと外で円滑な会話すらできない。


私はテレビを見るのも実は苦手で、見てる時に邪魔?が入るともう見てた内容がわからなくなってる。
だから基本的にテレビを見ないし、ドラマや映画を見たいときは一人の時。
旦那はわかってるから私がみたいテレビをみてるときは静かにしたり話しかけたりしないでくれる。

お笑い番組みたいな、その場その場で終わるやつはその時楽しければいいんだけど。でも知識が極端に少ないから内容がわかんないこと多いけど(笑)



こういうことがZくんに起こるってかなり辛い。
覚えられないのは自信を無くすことにも繋がるし困ることばかりで、わかってるふりをしなきゃいけない事も多くなる。

イメージ力も弱いから、覚えられない上に教わったことがなかなか理解できず、やっと理解できたことを忘れるっていうループにはまる。



Zくんがこうやって苦労するかもって思うと少し焦るな。



IQは84、ひとつの項目だけ104あった!
私より賢い…
(100は定型の人の平均値。85以上から定型っ子で、それ以下からは日常生活に支障をきたす困った状態を有する人)


でも、得意な部分と苦手な部分の差が多ければ多いほど、日常生活に難しさが生まれるんだ。

高いから安心、では決して無い。

そういう意味では、私より差が大きいので大変なのかもな。


でもここの個別療育で楽しそうに療育を受けてるZくん。
彼に会った内容で、すごくいいと思う。

ここでたくさんの経験を積んで、いろんなことが緩和されるといいな。




今日は次男、明日は長男、みたいに療育の場に毎週何度も足を運んだり、日々どたばたしてる。


U-i
にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      無料ブログ作成サービス JUGEM