スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    次男の能力の苦手な部分を把握してきた

    次男Z君 comments(0) - U-I

    夏休み明け久々のプレ。


    この夏休みでもだいぶ成長した子供達(°▽°)

    自閉症スペクトラムと診断された長男とはタイプも違うのでいまいち次男の特性が掴めずにいた。



    Zくんは、夏休み前の兄ちゃんの夕涼み会で、盆踊りの曲がかかった瞬間砂利もお構い無く寝転んでふてった。


    プレでも体操の時間(それ以外もだけど)床に寝そべってストライキしたり泣いたり大変だった。



    夏休みは、私が「盆踊り出来るようになりたいから練習していい?」とか、練習したらできたーなんて言って楽しいよアピールをちょこちょこしてた。


    そしたら、盆踊り祭りとかにいったとき、やぐらを見ながら手を動かして真似っこ真似っこ!!




    でもプレはどうかなーなんて思ってたら、皆の輪には入らなかったけどちゃーんも真似っこして踊ってました!!

    曲の半分くらいだけど。


    不安になるとすぐにダッコー!となるので、要求をのみつつ「次の躍りが始まったらまたやろうね」なんてうまく飴と鞭。

    Yくんの時と同じように。



    それすら聞かない時期もあったけど、今回は頑張れた方だと(^^)d


    最後は完全に寝転がって拒否だったけどね。




    プレの先生も、Zくんが踊ってる!!と驚いてほめてくれてました。


    真似っこといっても、実際はグーパンチと手のひら動かすという2パターンのみしか出来ないんだけど。
    それでもすごい前進。



    その他、かけっこがあり、走るのは好きなんだけど、よーいどんで走り出す皆を見送って仏頂面で立ち尽くす。

    なのに二回目やりたい!というから参加したら、二回目も仏頂面で動けず(笑)

    ダッコでゴールさせたのがよかったのか、三回目の正直で、ちゃんと走れました。

    四回目も走れた〜




    ママの足の上に乗って歩くのは、やってみて出来なかったから拒否。


    お友達とのじゃんけんは、出来ないけどやる姿勢では居られました。(ママが強引に手をだしたりさせてた)



    あと縄跳びを使ってにょろにょろしたりいろいろ〜は、なんとか参加。

    真面目な性格なので、仏頂面というか睨み付けながら真剣に取り組む…(笑)

    たぶん、一生懸命今やることを把握しようとしている顔なんですよ。






    まず状況判断、理解が難しいみたいでした。

    慣れたらやるというのは、なんとなく回数をこなす事で流れややり方を掴んで安心してくる、自信が出てくるから。


    少しでも体験させて楽しかった経験を増やすという療育においての考え方は、Zくんでも適応みたいで。


    ダッコでもなんでも体験させて出来た事を誉める!と次に繋がりやすいです。




    逆に、初めはやってみよーとするのですが、さわりだけでやってみて出来なかったら諦める部分があって

    なんで出来なかったのかって不安が生まれて心が折れるって感じ。



    状況理解が難しいのと、イメージ力が弱いから実際に体験してわかっていかないといけない状態。

    次は何をするのかがわからない、わからないままやってみる→入りから不安

    それに何かをたぶん考えすぎてる部分がある様子。

    まぁそれは私がそうだったからだけど…同じ血液型だからってわけでもないけど、
    とりあえずなんとなく楽しければ楽しい!というYくんタイプではないな。








    あってるよ!それでいいんだよ!上手!とその都度即声をかけていました。





    出席カードにシールを貼るとき、私が「ひとつだよ。この中からどれか選んで」という言葉が聞こえず目の前のシール貼りたい!気持ちでいっぱいになってたZくん、
    これはヤバイかも!と思ったのは正解

    二つ目も貼りたい!!!とイヤイヤパニックが始まってしまった。



    何を言っても、貼りたいの〜!ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ


    機嫌が悪くなると投げる行為に走るので、シール帳を投げたときにそれが落ち着くきっかけにスイッチ出来るように声かけ。

    押して引いてのかけひき(笑)で、スムーズに落ち着いてシールを諦め、自らシール帳を鞄にしまえた。




    そんな感じで、私からしたらとてもスムーズに進んだプレでした。



    Yくんの時はそりゃもうぐったりで大変だったし。




    目の前の課題より気になったものに集中してしまって取り組めないシーンもありました。


    見るべきものを選択出来ないって特徴のやーつーです。


    でも何だかんだうまくやっていけてるように見える子、
    それがある意味損な時もあるけど、

    扱い方や脳の癖が見えてきたので、
    月末から始まる療育もなんとか頑張れそうです←私が





    にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 子育てブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
    にほんブログ村

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM