久々リフレッシュで一人映画

U-Iの日 comments(2) - U-I

しばらく一人でのんびり出来る日が無かった気がします。


Y君、睡眠トラブルって事で、寝るのイヤイヤ期に入ったようで、19時〜7時で寝れてたのに朝4時〜5時代に泣いて起きて、遊びたがるように(。´Д⊂)

早く起きるのは疲れすぎ、というのがこれまでずっとやってきたジーナスケジュールトドラー編なのだけど、お昼寝1時間してたら19時にベッドに入ってから1時間以上泣いて暴れて拒否、お昼寝も同じく。

これまで、疲れないと寝れないような体にならずその月齢に必要な睡眠時間がしっかりとれる、というジーナさんの言うことを参考にやってしたけど、ここまでくるとわからなくなってきた。

どうも、ジーナスケジュールやってたら基本的には何歳になっても夜泣きとかなく7時までみんな寝てるらしい。

まぁ、Y君は寝るのがあまり好きでは無い子だからなぁ。



お昼寝少なくしたら19時にすっと寝れたけど、疲れすぎで寝れたって感じかなぁ。
朝は変わらず。

もう少し様子見ながら、3歳すぎて落ち着くまで待たなきゃだめなのかな(笑)


体のためにも12時間近く寝てほしいのだけどね〜



ベビーベッドもよじ登るようになったので、危なくて早急にベッドを用意したいところ。
パパ待ち。




そんなストレス含めいろいろとね、多かったので、今日はお洒落して、ずっと見たかった美女と野獣見ますぞ。









メガサイズのコーヒー。
新百合ヶ丘ではちょっとした有名コーヒー店。
ジョッキサイズ。
これで390円。




ここへくる途中の電車の中。


私の近くにほーむれすさんなる方かなぁと思われる人が座ってた。


で、ちょっとしたら男性が来て、その方の文句をいいながら電車の扉を思いきり殴り、そして蹴ってた。


久しくこんな人達には出会ってなかった、平和な世界で生きてたんだな〜と感じる。



私だけだから、不快なら別の車両にうつればいいのにと思いながらしれっと過ごしていられるけど、
もしここに我が子が居たらと思うとさすがにぞっとする。 



殴った音で「どんどんってしたね〜!」「怒らないよ〜」とか、言いそう。
いや、言う。
座ってる人見て、ネンネしてるね〜とか言っちゃうんだから、言うね( ̄▽ ̄;)



それを想像しながら、私は子供になんて言う?
気分が悪いときもあるんだよー とか
静かにしようねー とか?


どう言おうと絶対怒りこっちにうつるやーん怖いわー((( ;゚Д゚)))



毎日優しい人達に囲まれて、平和な世界に感謝感謝。




無心になって

U-Iの日 comments(0) - U-I

時には無心になって何かに集中したいときがある。








昔からずっと弾きたいと思ってたキラキラ星(*´▽`*)


音符の色塗り始めた。

よく間違えちゃったりしてるし、音符いっぱいで時間かかるけど(^_^;)
塗らないと楽譜読めないからねー(゜ロ゜)




簡単なピタゴラスイッチのオープニング曲と、いないいないばぁ!のオープニング曲を弾けるようにした。

ピタゴラ好きな長男は何度も何度も弾いて弾いてと言うからちょっと嬉しい(^ー^)
隣で一緒に弾いてる風で邪魔してくるけど(笑)


今はアンパンマン練習中。



支援センターで弾いてると、他の子やママさんもよってくるし、楽しいなぁ( ´ー`)







個人的に弾きたいものも練習しようと思って。


キラキラ星なんかは最後までたどり着けないかもしれないけどね(。´Д⊂)

練習出来るタイミングも、1ヶ月に数える程だし。






毎日の公園遊びも辛くなってきた。
自由に動きたい二人の子供たちを同時に見ながら、ダッコしたり、抱えながらベビーカー押したり、先に進みたくてもいつまでも来てくれなかったりで格闘。



家にいても外に出ても疲れる(^_^;)


そして太ってきた( ̄▽ ̄;)
Y君出産後から今までずっとキープしてたのに、一気に崩れてきた(笑)


料理も食べ物も、子供の以外は適当な日が多かったし、暴食いもし始めたから…



体力は毎日の活動量に相反して落ちていく(|| ゜Д゜)


 

まずは動く

U-Iの日 comments(0) - U-I
もともとバンドのお誘いが出る前、去年の夏頃から、音楽活動がなんとか出来ないものかといろいろと調べていた。


そこでひとつ見つけたのがママさんブラス。


ここらへん一帯にママさん向けブラス団体はかなりあるけど、私が出来るフルートはいつも募集してない。

でも、ひとつだけ、全パートいつでも募集してるところがありました。


練習場所は電車でちょっと移動しなきゃいけないけど、ママさんブラスともあって子供連れていけるし、練習は昼間。

本番さえ子供連れていけるって言う、まぁ私がやりたいガッツリ系では全く無い所なんだけど、でも今の母親としての私はそれがいいのかなって。

しかも、歌のお姉さん募集ってことで、唯一吹奏楽で歌も出来るらしい団体。

曲は基本的に子供向けのものだし、保育園とか子供向けイベントでの出演なんだけどね☆

選り好みしてるよりはとにかくやって、自分を磨き続ける方がいいと思った。




なんと、明日行く子供向けのお祭りで出演予定らしいので、生の演奏を聴いてみようと思います( ゚ー゚)


良ければ連絡してみよーっと。
歌のお姉さんでもなんでも、全力でやる!

募集してませんってなりませんように(^^;







子供達が小学生とかになって自分の時間が増えたとして、パパも繁忙期今のまま忙しいようなら次の子供はもう望めないし。


そうしたら、今度はオーディション片っ端から受けまくろうとか思ってた。
オーディション趣味です的な勢いで。(笑)


歌じゃなくてね、声の仕事。
昔から興味あって、けど滑舌悪いしってはなから諦めてたやつ。

養成所行ってないのに、しかもこの歳からってちゃんちゃらおかしい話だけど、今自分の事がわかった状態で、昔のようになにもしないのはナシだなーって。


成功を目標にってわけじゃない。志が低いって思われるかもやけど(笑)
小さな仕事でもなんっでも全力でやって、真剣に向き合って力出して。
出来ることややりたいことで達成感や喜びを感じる。
そうやって自分磨き続けたりしていきたいっていうのが目的。

事務所のオーディションなのかなんなのかすらまだよくわかってないけど。
そこからのスタートも楽しめたらなーって。

こういう考え方は、たぶん学習障害の凸凹が30手前になってやっとわかった私だからなんだろうけど。

結婚した23から働いてない。
それ以前もうまく働けなかった。
働きたい、というか社会に入りたい。
作り上げたり生み出したり、そんな作業をしたい。
生まれつきの能力の低さを感じながらその場にいるのではなく、努力次第でのばせる物を持ちながら皆と同じ感覚でその場に居たい。



歌って道はすごく限られていて、相方探しもしてみる価値はあるのかもしれないとは思ってるけど、私の求めてるものはそこにあるのかどうかって、疑問で。


今度カラオケ行ける時には改めて参考音源撮って募集の為の準備はしておいてもいいのかなって思ってるけど、
でも、Y君が来年度から発達系教室に通うかもしれないなーとも思っているとやっぱり、今は今のペースがあるのかなって思うし、いつかの話で単純にバンドで真剣にやりたいって言ってるのは、どうなんだろう?。

ボーカルクビになったのは、子供と向き合うっていう、こういう運命があったからかなーとか今は思ってて、よかったのかもなぁなんて。


この先バンドという形にこだわっていつまでもやりたいことができないなら、新しいやりたいことを開拓するエネルギーためておこうと思った次第。



今はまだ子供が小さくて動けないから、今は今出来ることからって事で。




何かやってないと、自分がダメになる。





今日警察の人がパトロールで来て、重要な書類を書いてくれって紙持って来た。


私にはよくわかんなくて、書けなくて。
結局パパにSOSだして、電話でおまわりさんと話してもらい紙の提出は後日にしてもらった。



あー情けない。
ここにいながら何も出来ず、人の手を煩わせて。
私はここにいるのに、周りにとって不便というかなんというか。



その前にも、私のカードの事で電話が来たけど話がよくわかんなかったんだ。

そんなんで、大丈夫なのかよ、なんか出来んのかよって感じだけど、ね。

6ヶ月間の取り組み

U-Iの日 comments(0) - U-I

全身使って泣いたら、身体中が痛くなった。



新規結成したバンド、メンバー五人そろったところで、ボーカルくびになりました…


(|||´Д`)




一番最初に私に声をかけてくれた、プロになったリズム隊リーダー。

「ずーっとボーカル探してたんだけど、U-Iしか居なかったよ、U-Iとまた一緒にやりたい!よめちゃんの代わりは居ないから!」

うちは子供いるし、一時保育で預けて平日昼間ならリハ行けると思うけど、風邪や病気になったら呼び出されて途中で抜けることもある、預けられなくなってリハ参加出来ない時もあると思う。
旦那もあーいう仕事だからわかってると思うけど、夏とかは繁忙期でどうしても子供頼んだり出来ないし。

「ガツガツすることがイコールプロ志向じゃないし、当分は路上やショッピングモールとかのライブだけで、一般の人に聴いてもらうから、ライブハウスでのライブもたまにはやるけどね!子供優先で全然大丈夫だから!」

それならって、
パパにも話して、迷惑かけるかもやけどって覚悟決めてやることにした。

とにかく毎日サイトで募集かけ、100人近い人にメッセージ送った。
2ヶ月で最高のギターがメンバーに入り、その友達ベースが入り、ギターが最高のキーボードを探し当てた。


曲作りで私は4曲メロと歌詞を書き上げたところで、クビになった。


( ノД`)…



理由は簡単。
「毎週リハ入りたい。時間って残酷だよ、俺もう33だし。メンバー皆だってそれぞれ夢や目標がある。キーボードだって3年以内に大きいステージ立つって言ってたし、このままだらだらしてたら何も変わらないよ。子供居たら、ツアー回れないでしょ?」



子持ちは趣味でいいじゃんって事らしい。

最初に言ってた話と違うし、子供優先って言葉の意味わかってたのか今となっては疑問。
しかも、うちを口説いたときの活動方針を言ったら、首かしげながら「そんなこといった?」とか、でも、でも、と被せてきて。



でも言ってることはまぁ間違ってないなって頭でも理解したし、私自身この話し合いをする前からうすうす勘づいてたんだ。

それでも、なんとか方法を見つけてうちらなりの活動をしながらやっていこうって思ってもらえるように、思ってくれてると信じて、頑張ってた。



パパが家に居るときは夜出て、一時保育の時間をリハや歌練習や曲作りにあてて、自分の時間けずって、通院や予定があるときは時間ずらしながらタイトに動いて。


でも、楽しかった。ほんの一瞬だけど(笑)










書きたいのは愚痴じゃなくて、私は何をしたいのかってところ。




皆は自分の為に働いて、休日は自分の為に使えるけど、うちは家族のために働いてくれてるパパの時間を貰うか、もしくはお金を払って子供を預けてここに居るんだよ、
うちがどんなに皆と同じ動きをしたくても、出来ないものは仕方がない

そういったとき、

「皆の事大事にしたいんだよね」

そう言われて。私はすでにその皆の中に居なかった事。
そして、
「それじゃ趣味でいいじゃん」


軽々しく言われて悔しかった言葉。


じゃぁなんで子持ちって知ってて私を最初に誘ったの?

「自分でやるって言ったよね?やるってこういうことだから」

言ったけど、それでもって、それでも大丈夫!って言ったやん…

やるってこういうことって、話違うからこういうこともなにもね。

 


なんか、噛み合ってるんだか噛み合ってないんだかのやり取りしながら、正論を突きつけられて、私が悪いみたいになって。

でも一番はやっぱり、趣味でいいじゃんって言葉だった。



子供いるんだから確かに趣味でいいよねって自分で思ってみた。
そもそもなんでプロ?プロになりたかったんだっけ?
なんで悔しかったの?




帰り道、絶対見返してやりたい、と強く感じた。
そんなこと初めてだったけど、なんでだろうと、考えてみた。




私が一番やりたかったのは、完全なる真剣な音楽。
仲間と一緒に、会えないときにはラインを使ってでも「あそこのコードが…」とか、「ここの構成こうして…」とか、そんな話をしあえる仲間。
すぐに音にしてアップして「こんな感じってこと?」って返ってくる。

ここまでやってくれる人とやる音楽は、グルーヴもしっかりして歌ってるとすごく気持ちがいいし、よりいい音楽が出来上がる。

ソロやユニットでは無い、いろんな人間のセンスが加わって、加わった事で自分の発想も広がる相乗効果みたいな、これこそがバンドにこだわる私の求めてる物。


けど、趣味でやってる人とは感じられない、このワクワク感は。

個人的に歌って演奏して楽しいとは思えない私は、どうしても趣味とうたってる人とは満足出来ない。


だからプロ志向の人を探してたんだなって。

満足出来て、ワクワク出来て初めて、人に聴いてもらいたいって思うから。



趣味で十分みたいに言われたとき、私がこの数ヶ月間誰よりも時間をけずって真剣に向き合ってきたのを、否定された気がした。
認めてもらえなかった気がした。
想いや努力じゃなくて、時間があるかどうか。





今となってはこうなってよかったのかとさえ思う。
自分のやりたいことに気付き始めてきたから。





昔マーチングで全国まで行った。
練習は毎日汗も涙もたくさん出して、体いじめぬいて、朝から晩まで皆が皆マーチングの事を考えて過ごしてた。

当たり前のようにご飯のあと練習にいって、指摘しあって。



これこそが楽しかったんだ、それに達成感も感じられて。


これを私は求めてるんだと思う。
今は生活があるからすべてをかけるような形ではないけど、子育てやって、自分のやりたいことも出来るときに真剣にやってって。

私が楽しいと感じられるレベルはここまでしないと無い。






じゃぁ、プロを目指す方向で間違えないんだろうって思った。
というか、普通の仕事は私には出来ないから。


次は、何で目指すかみたいな所。

バンドにこだわる必要はなくて、真剣に向き合って突き詰められるような事ならって。
仕事すること自体はすごく好きだったし。


ただ思うように働けなかっただけ。

LD(学習障害)があるから。




働けなかったのは、不得意なところを頑張って認められようとしていたからだって気付いた。
皆が当たり前に出来ること。たとえば計算とか。
それを一生懸命いろんなもので補いながら努力すれば、ある程度は出来る。
ただ、そんなところにエネルギー注ぐからめちゃくちゃ疲れる。

認められたとき、感じるのはいつだって「不安」と「安心」だった。



皆が普通に出来ることが出来た事への安心感、
努力してる姿を認められた安心感。


怠け者やバカとして生きてきた私からしたら、とてもほっとする。

でも同時に感じるのは不安感。
こんなとこで認められたら、もっと私にとって難しい内容の事を求められる、それが出来なかった時…





今回のバンドでの努力で認められ、感じたのは、「安心」と「喜び」だった。


みんなに、努力してる姿を認めてもらい、技術も認めてもらえた事があった。

コードをいかしたメロが作れてるって言ってもらえた事とか、
曲によって声が全然変わるしレパートリーあってすごい、いろんな曲作って聴いてみたいとか
このメロすごくいい!!と言ってもらえた時とか



安心だけじゃなく、素直に嬉しかった。


褒められた時嬉しいって思えること、あんまり無いから。
むしろ褒められるの昔は嫌いだったし、自分の能力の低さを隠す事ばかりに一生懸命だった20数年を思うと、私はこれを大事にしなきゃいけないんだろうなって感じた。




子育てって仕事は楽しくて嬉しくて、でも達成感とかはちょっと違う。

子供がすごく優しく育ってくれたとして、それは嬉しいけど自分の達成感には繋がらない。
所有物でも私を評価するモノでもないから。

きっと、私自身を大事にしたいって気持ち、私自身を楽しませたいって気持ちが育ってきたのかもしれない。









苦手な事をがんばるんじゃなく、
得意なことややりたいと思ったことを頑張りたい。

補うだけではなくて、伸ばしてみたいって思った。そのための勉強なら頑張りたいし、勉強だって嫌いじゃない。
やってもわかんないし記憶出来ないだけ(笑)




体感する記憶なら覚えられる。





たくさん頑張ったボイトレはいかしたい



楽譜が読めない私が、努力するにしたって初見では無理なのに楽器はさすがにーだけど(^_^;)


感じたり表現する何かなんだろうなって思ったけど、


見る力が弱い私は絵も描けないし←そこがどうなってるのかわからないから見ながら書くとか写し絵みたいなのしか出来ない(笑)

何があるんだろうね




その先は、少しずつ調べたり勉強しながら見つけられるといい。






とりあえずしばらくは、考えながら子育てだけに戻ろうと思う。
でもいつかまた冒険に行く!
こんなことで折れて終わらないもんねー

 

 

 

 

でも、一人で何かをまた1から始めるって、エネルギー居るよなぁ。

音楽する場所突然無くされて、やっぱり悔しいかな。

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM