成長と多忙と

家族の毎日 comments(0) - U-I

とてもお久しぶりになっています。

忙しくしてました。
私が秋から始めた、音楽活動??という程のものでは無いのですが、そちらで覚えなければいけないことややらなければならないことがたくさんあって、
毎晩時間を作って取り組んでいました。

それが終わると今度は、ある保育園で未就園児向けイベントのクリスマス会で演奏する事になって練習におわれてます。

こちらの保育園は普段からよく私たちが遊びに行く所で、声をかけていただいたのでやることになったんですが。

演奏者含め盛り上げ隊みんながもちろんママさん。
私はフルートと歌を担当。

楽譜無しでメドレーやらなにやらやるので、フルートパートも考えることになりました。

もう一人フルートの方がいるので、私が歌わないものは2パート考える。


致命的な事に、作曲や耳コピ云々は出来ても、楽譜はかけません。

歌やってるときは楽譜は無くてもやっていけたけど、フルートとなるとちょっと違うし、

もう一人の方はオリジナルは出来ないけど楽譜は書けるということで…



ピアノ等を使って全ての曲のパートを考えて録音、音源で渡したものを相手が譜面化するという作業を、お互い夜な夜なやっていました。


ただ耳コピが苦手らしく、時間をかけて頑張ってくれました。
私が吹く部分は難しいところは譜面におこせなかったというのもあって、私は私で戦ってますf(^_^;

考えたものをテンポに合わせて録音するのにもものすごーく時間がかかりました。

なんせ、楽譜かけないから、仮で録音しながら、紙にドレミ表記でメモりながら考えるという地道な作業。

覚えられなかったり忘れたり。
ドレミだけだと音の高さや長さまでわかりづらかったりするし。


それでも、いろいろメドレー、主よ人の望みよ喜びよ、恋/星野源、ジングルベル、きよしこの夜を完成させました。

といっても、主旋律とフルートパートは合うのに、フルート同士の動きだと音がぶつかるところとかあって(^o^;)
まだまだ調整が必要。

もう一人のフルートの方もあまり音がでないので、低めの音で考えたり、考えたものを出やすい音に調整したり、なんて事もしてたりして。


でもYくんが赤ちゃんの時からいろんなイベントや相談などでお世話になってたし、今回初の試み(ママさんの演奏会)ということで、頑張ってます( ´ー`)

他の方も、恋ダンスやハンドベルの練習してます。


みんな、子育て家事しながらなんですけどね。




まだインフルエンザの予防接種が出来てないので、ならないかだけがとにかく心配です。
なかなか少なくて予約が出来ないのと、風邪とかが続いて予約のタイミング逃してたり。

でも春先までインフルエンザはかかる可能性あるので、遅めだけど今からでも予約して、ちゃんと打っておきたいとは思ってます。






忙しい中、Yくんの療育がお休みしなければならなかったりで、更新内容も無かったんですよね、


とはいえ、Yくんの成長もしっかり見られています。




2歳11ヶ月まで、トイレの間隔は一時間持ちませんでした。
それでも本人のやる気を尊重して、45分でタイマーをかけながらトイレトレーニングを行う日々。


15分や30分で出てしまうこともとても多くて、大変でした。



それがなんと!2歳11ヶ月半ば、いきなり2時間ほど間隔が空くように!!


外出してもあまり漏らさなくなってきたりして、たった2週間ほどで劇的に成長。

前々からやってたからか、間隔が広がってからめきめきとコツを掴み、1日おもらしせずに過ごせる日が出てきました。


でちゃう〜!と自分から言えるし、なんてったって間隔が広い。
もう、45分がどれだけ大変だったか(。´Д⊂)




ただ、出ちゃう〜と焦る事で、次にすることまで考えられなくなってしまうようす。
パンツやズボンが自分の判断で脱げません。

出ちゃう出ちゃう〜と泣いたりするのにすぐに自分からズボンがおろせないので、結局パンツを濡らしてしまう事も多い。



おしっこが出る=トイレ、脱ぐ、という図がまだうまくつなげられてないんですね。



私も、例えば体調が悪いときに
しんどい、痛い=薬を飲もう、という発想に行き着かないもしくは時間がかかるので、よくわかります。

一声かけてもらわないと、あぁそっかぁそうすれば良かったんだ、とならない。


そういうのとか、切り替えが出来ない所でとても苦労するんですけど、
でも言葉もどんどん使い方が上手になってきていますし、頑張っていますよ。






zくんも1歳8ヶ月になりました。

言葉もどんどん増えて、おにいちゃんに良く似た声で似たようなことを言います。



やはりZくんの発達は心配なさそうです。

言葉の覚え方も普通。
消防車なら、あーしゃーしゃ、等といったように、頑張って言おうとしてる。

Yくんの場合、一文字もかぶることのない言葉で消防車を示していた(アカマとか、ママママママとか)



ルールのある遊びもするし、理解能力やコミュニケーション能力、運動神経共に高い方。
優しさも備わってるし、何事も安心して成長を見守れる感じですね。

よくわからないぐずりも無くて、イヤイヤ全開のときもかなりあるけど、ちゃんと向き合えるのでこちらがイライラしたりは無くて。



Yくんはやはり発達障害の特性にあるように、疲れなどの波が大きく出ます。
わかりやすいくらいに波が出て、大波の時には普段大丈夫な些細なことで感覚過敏を起こしたり、意地悪に暴力に八つ当たりに…と手がつけられない。




私の二次障害のひとつ、双極性障害を、Yくんもたぶん引き起こす可能性がとても高い。


今は、自分がなぜ意地悪してしまうのか、なぜ突然おもちゃを投げたりしてしまうのか、わからないの…と言ってる時もあります。


まぁ、私は未だに、そういった自分の気持ちや感情を理解するのに時間がかかるので、Yくんと少しずつそういった作業でも訓練?していけたらなぁと思います。





にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

パパおめでとー

家族の毎日 comments(0) - U-I

なんだか、ちょうど新しくここのブログを開設したのが、Y君の事がいろいろ決まり動き出した時だったので、堅苦しい事ばかり書いているなぁ、と思いました。

前のブログはもうちょい平和だったような?




ということで平和な記事。(笑)


パパの誕生日がありました。



といっても、毎日休み無く仕事なので皆でお祝い!とはいかず。


私はプレゼントを用意しましたが、ケーキとかご馳走とかは特に何も出来ずに終わってしまいました。




Y君は、なんとなくでも誕生日という日が、めでたいことだと言うことがわかっているらしいです。


これまでさんざんいろんな子育てイベントで、誕生日を祝うシーンを見ていますし、Y君の誕生日の時には、お友達からハッピーバースデーのお歌を歌った動画が送られてきて、それは今でもニヤニヤしながら嬉しそうに見てるY君です。



今日はパパのお誕生日なんだよ!パパにお歌を歌ってあげようよ!



今なんとか歌える簡単な誕生日の歌があります。


たんたんたんたんたんじょうびー
パパのパパのたんじょうびー

歌詞はこれだけ。


イベントとかで覚えました。


Y君
たん たん たんじょびー
パパが パーパの パーパ たんじょびー
おめとー!


動画にとってパパへ送信。



この歌を練習していたら、Z君がなぜか手をパチパチしはじめたので、
私が歌って、Z君には手拍子とおめでとうの拍手をしてもらった動画がとれました。


最近なんとなくママと呼ばれてる気がする時もあるし、偶然なのかわからないけど、言葉を教え始めるのにいい時期かなーと思い始めました。


ママって言って〜とかねだってみたりしてます(笑)






Y君はパパと同じ血液型。
Z君は私と同じ血液型なのがわかりました。

なんとなくそうだと思ってたけどw



  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM