リタリコ体験教室

長男Y君 comments(0) - U-I

この前の幼稚園面談の後すぐに、今度はリタリコの体験教室がありました。


雨の中向かって、エレベーターのあるビルだったけどエレベーター前に四段ほど階段( ;∀;)

レインカバーにポンチョを雨の中脱いで拭いて、二人の子供たちをおろし、二人乗りベビーカーをあげて、エレベーターが危ないのでまたZくんをベビーカーに乗せる。

降りれたと思ったのにまた乗せられるのを全身で嫌だと表す(^_^;)




教室内はそんなに広くはないけれど、七つくらい部屋があっただろうか。

広い部屋もあるらしいけど、私たちが入ったのはほんとに小さな部屋。
まぁ片方の壁が移動出切るやつだったけど。


説明とか聞いたり少し話してから、Y君と先生が授業をします。

私とZ君は出て、モニターで中の様子を確認できます。
一応待合室??はおもちゃもあって、存分に遊んでいいですよという感じだったので、Z君も遊びながら待つことが出来た。
時々お兄ちゃんの部屋に行きたがってたけど。

パソコンからのモニターは見辛いのを察してiPadで見せてくれた(o・ω・o)


先生のやろうとしたことをやりたがらないので、おもちゃの車を出して、車で遊んでる風でルールのある遊びをやってみたりしてた。

体を動かしたりシャボン玉やったり。

Yくんは指示を無視(理解してなかったり聞けてなかったり)も多かった。

30分ちょっとやってまた呼ばれ、中で話したけど、
体の使い方などの事や、
ルールのある遊びをやろうとするとやはり構えてしまいやらなかったりする事を話してくれて、
私が改善させたいと思ってる点を的確に見てくれているのがよくわかった。
安心して任せられる感じがした。

通うとしたらやはり、体を動かしながら、力を入れることと抜くことや、自分の手や足はこうなっているんだなというのに気付いて感覚を学んでいくところからと言われた。



感触も良かったし、幼稚園でスプーンの逆手マスターをいいわたされていたこともあり、帰宅して旦那にそうだして、後日入会する事に。



が、いままだここで止まってます。



実は体験の時に担当してくれたのは、本部の人っていうの?
教育係さんという感じの立場の人。

話では、幼稚園に入るまでに月1〜2回という話でまとまってたのだけど、
入会するのに電話をすると、月4回をかなりおされた。


月2回でもシステム的には問題ないが、授業担当者に確認してみないとわからないとか。

そしてその先生は今休みをとっていて、早くても月頭にならないとわからないとか。


うーん、やはり、出来る人を体験に持ってきても、そのあとこんな感じで待たされると不安を感じてしまう。


電話で対応してくれたお兄さんは、所々敬語を間違えて言い直したりするし、マニュアル返しな感じで細かいことがわからない様子で。


とりあえず、月2回で通えるかを確認するまでに、他で体験に行くのでこちらもどうなるかわからないことを伝えた。


で、この前見学にいったハビーの体験日を決めた所。


リタリコさんは、実際担当してくれる先生と会ったり話したりしたわけではないからわからないけど、
受給者証無しの幼児教室として通う予定で考えていた。

ハビーなら受給者証使えるし、1度はリタリコさんでやっていこうと思っていたけれどもう一度考え直してる。



どうなるかは、来月には決まるかな?





にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

落ち着いて過ごせた日

長男Y君 comments(0) - U-I

Y君と二人でデートでした☆


一駅電車に乗って。



初めて行く児童館。
坂道がすごかったけど、たくさん歩かせたらお昼寝出来ないのに可哀想なのでダッコ頑張りました。






児童館で、他のお友達が遊んでたミニカーセットで遊びたくなっちゃって。
受付で借りて遊ぶやつ。

お友達も遊び始めたばかりだから、順番だよって言ってもグズってしまった(;-ω-)ノ


お友達が遊んでるすぐそばでうらめしそうに見学したり、拗ねてうなだれて転がってみたり。

他のおもちゃはダメと言うから、楽しく遊べないなら帰ろうと言っても、まぁそれも難しく。


なんとか絵本コーナーで音の出る電車とかの絵本に夢中になってくれたから、
タイマー使って「あと○分遊んだらご飯に行こう」と遊ばせてた。

そろそろ帰ろうねと諭してるところに、お友達が遊び終わったからと貸してくれて(^o^;)



ママお腹グーグーなってたけど、15分だけね、とまたタイマーつけて遊ばせた。

鳴ったらおしまい☆
ちゃんとお片付け出来ました!

ご飯に外行くのはイヤだって駄々こねたけど、私が玄関行くとスッとついてきて問題なく出られて。


なかなかお昼ご飯にありつけそうなお店が見つからず、結構歩いたけど全然で(。´Д⊂)

Y君は「なんかお腹すいた、グーって鳴った」とはいいつつもぐずったりはせずずっと付いてきてくれた。

「お店あったよ!」とパン屋さんを見つけたY君、自ら入る気満々。
隣にロッテリアさんがあって、ポテトが目に入ったらしくポテト食べるとかいうのでそちらへ変更。
注文のときは床に座ったりあちこち行ったり来たりだったけど(´Д`|||)
ポテト見たら今度はポテトコールがうるさいのなんの(笑)

ちゃんとキッズメニュー完食。

帰りは初のバスで帰る予定だったのに気が変わったらしく、電車で帰る!とまたぐずり(笑)

最寄り駅戻ってからは、最近ご無沙汰だった保育園の室内解放へ。

もう小さい赤ちゃんとかばっかりだー。
知り合いは居たけどね。


先生が来てくれていろいろ話した。
Y君の状況とかいろいろ。
相談員さんにもよく話してたから聞いてもらって。
ママも辛いよね、頑張ってるねって言われてうるうる(T-T)
隠すのに必死(笑)

普通になんでも話せるし話したい、聞いてもらいたいのに、優しい言葉かけられるとすーぐ泣いちゃうのどうにかならないかな(;-ω-)ノ
これはこの話関係なくなんだよなぁ…なんか自分の中に地雷じゃないけど弱い部分があって、全く悲しくない話しててもこうなる時があって(|||´Д`)



それはさておき、幼稚園の事とかいろいろ話す中で先生が言ってくれたこと。


先生はY君が、それこそ赤ちゃんのときから知っててくれてる。
あ、今日話した二人の先生のうち一人は、1歳過ぎてから…?2歳から…?ってところだけど、毎回行ってる子育て広場イベントでずっとお世話になってた。

そのセンセから見ると、
ママ見て〜とか、時々ママをちらっと確認したりするのがすごく増えましたよね!
と。
前は周りから見てもなかったってことだよね。

確かに、同年代の子がママの近くで遊んだり時々ママの元へ帰ってきてた中、
Y君は1度も来たりせず一人でもくもくと遊んでた。


離れたって平気な子。

赤ちゃんの時から、一時保育も泣かなかったし、ママと離れる不安ではなく初めての場所での不安で泣くことはあったってくらい。
泣いてもダッコじゃ泣き止まないし、ダッコでは安心感を得なかった様子。

そんな子が、療育に行きだして、対応を聞いて家でも実践したりしてたら、ママに心を開いてくれたのか?ダッコが増え、甘えが増え、遊んでても側に居ることが増え、これまで苦手で絶対やらなかったリトミックや体操も、ダッコで参加すらイヤだったのにダッコならオッケーに。
ママがY君の手を動かすのならなんとかオッケーに。
リトミックによってはやってくれるように(自分から真似してやる事は無い)


これは、保育士さんとかプロの周りの人から見たら、ちゃんと変化がわかるんだなぁなんて。



あと、身長延びましたねって言われ。
あんまり気にしてなかったけど、またおっきくなったのか(笑)
そりゃ靴のサイズアップしたんだからそうだよねぇ。
学年より大きく見られます。まだ2歳だけど、もうオムツは取れてますねって、今日の児童館でも言われた(笑)
まぁ取れてる子いるけどねー当たり前に言われたあたり、何歳だと思ったんかな。





外出してるときは、前もって伝えるって事が出来る。しやすい。
家にいると、なかなかなぁなぁになっちゃったり忘れちゃうんだよなぁ…。
だからか、保育園で帰るときのおもちゃのお片付けも、園庭でまた遊びたがって少しだけ遊んだあとのお片付けも、
良い対応が出来たし、それに応えてすごくいい動きをしてくれた。


お片付けも上手!

最近自発的に片付けが増えたし。
次も遊びたかったらお片付けすること、片付けなくていいけど、もうそのおもちゃでは遊べないよ、と教えてたんだけどね。

いいのか悪いのかはわからないけど、とりあえずオッケー♪

園庭ではヤダって言われたけど、子供の目線になって正面から目を見て、
ここからあそこまでおいかけっこしながらお片付けしておしまいにしよう、みたいな、「最後の遊び」を出してうまく片付け場所に誘導して連れてったらちゃんと出来た。


最後の遊びは切り替えるのにこの子にはいいみたいで、本人も自らやってることが多いからね。

片付けようって言ったときに「まだ」とか「もうちょっと」って言われたときは、ちゃんとそれを聞いて、条件出してやると落ち着いて切り替えられるのもわかった。



こういうのがあるから外出した方が楽なんだよなぁ…家にいると切り替えが難しい( ノД`)…

移動があるわけでも場所が変わるわけでもないから、切り替わりってのがわかりづらいんだろうと思う。




今日は帰宅後、いつも通りご飯ではぐずぐずした。
ふがふがした。
でも、落ち着いて対応出来たしあまりひどくならずに過ごさせられた?



自分の食べたいと思ってたメニューが無いと、気持ちが切り替えられなくて。
食べる〜って言うのに、目の前にあっても食べられない。

これは私も今でもほんっとたまぁにある事と同じだって最近気づいたんだよね。
それまではただイライラしてたよ(;-ω-)ノ



食べたいって言うのになんで食べないの!って思っちゃってたけど、これも切り替えられなくて本人も辛い中の一つ。

ま、わかってたってダメなときはイライラしちゃうけど〜(笑)


で、なんとかなんとか、半分は食べてもらえました(^o^;)



お風呂でも最近毎回あるイヤイヤ。

もうやだよ!って言っちゃったけど。
少ししたら浴室に来て「ママごめんくさい」って言ってくれて。
「ママ怒ってる?笑って?」って、作り笑顔見せられる(^o^;)


「皆で入るタイミングで来てくれないと困っちゃうんだよ。Y君すぐ来てくれなかったから」
そういったら、「自分で来たもん」と言われた(笑)


そうだね、えらかったね(笑)次はもっと早く来てね


ってやり取り。

お風呂ではZ君と仲良くご機嫌で遊んで。




今日は1日通して、なんか楽しかったなぁと。



Y君の理解言語(相手の言ってる言葉を理解する力)は弱いけど、まだわからない部分があるってだけで、ある程度はコミュニケーション通じる。
や、通じてると思ってしまうけどじゃっかんずれてる所はあるんだけどね。

自分で来たもんって回答の所も、私の言った意味を正しく理解できてなくて、誤解はあるみたい。


それでも、落ち着いてれば聞いてくれる、こちらの対応や話し方気を付ければ少しはうまく行く。

毎日のパニックに涙涙な中、こうやって楽しい1日が過ごせるのもまた嬉しい。





明日は療育教室、面談日。






にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

切り替えが出来ない、辛い…

長男Y君 comments(0) - U-I

切り替えができなかったりこだわりからの不満みたいなので、家にいると一日中ぐずぐずするようになってしまい、正直まいってます。


今のところ落ち着いていた状況で急にわーっとなるのは、

着替え、
オムツ替え、
ごはん、
メニューが自分の思ったのじゃないとダメなとき、
手先の不器用さからくるイライラ、
汚れたり濡れたとき、
濡れたときすぐにティッシュやタオルで拭き取れないとき、
おもちゃの置場所やしまい場所が思い通りに出来ないとき、
トイレやお風呂でトミカを持ってないとイヤなとき、
※ママのタイミングじゃやらなかったくせに「やらなくていいよ」と言った後、自分のタイミングですぐに出来ないとき


パニックに陥ってしまうとこれ以上に全部わーとなってしまいます。
それこそ、目の前にあるお茶すら自分で飲めなくて「御茶飲みたい〜」と泣くくらい、全部です。


※の最後のやつは、自分では切り替えられずイヤイヤするけど、ルーティーンを守りたいので自分のタイミングで気持ちが向いたときに出来ないとダメ、って感じです。





とくにオムツを変えさせてもらえない。
強引にやればやるほど全身で嫌がり、さらに落ち着けなくなってしまう。
落ち着いていれば問題なく変えられるのです。
つまりここに全て関わってるのは「切り替え」が出来ないって事。




例えば遊んでてまだ帰りたくない!と駄々をこねるような、切り替えが出来ないとかは定型の子でも普通にあることなんですが。

発達障害の子の切り替えの苦手な部分は、本人がなにより苦痛であるということ。気持ちが継ぎに切り替えられずどうしたらいいかわからない。本人は切り替えたい、切り替えられないと理解してる(今のY君はわからないけどもう少し大きくなると、支援が出来てれば理解はするそうです)


人間関係でなにかあった場合も切り替えが出来ないので、いつまでもいつまでも頭から消えず考え続けてしまう。
頭のなかはマイナスな気持ちでいっぱいになってしまう。


自分でもやりたいのに気持ちが切り替えられない。
その現象が起こってるわけで、ほんと、毎日が辛いはず。

切り替えられるとスパッと変わりますから、スイッチの問題かな。





2〜3歳くらいの今が一番その子の特性特徴が出てくる時期です。
この時期に見逃さず、どんなことが苦手なのかとかをしっかり観察して知っておくことが、「どう切り替える力をつけるか」「拘りをどうやって崩していくか」とか、生きやすさを導くのに大切になってくるようです。


怒ったりせめるようなことをしてはいけないのはわかってますが、それでも一日中ずっとぐずぐずされるとこちらもいっぱいいっぱいになってきます…




弟に自分のおもちゃとられた〜貸して〜と泣き、
オムツを変えるのがイヤだ〜と泣き、
ご飯は、今日はふりかけごはんが食べたかったようで、「これじゃない!違った〜違った〜ご馳走さまする〜」と泣き、 
フォークが無い〜お手拭き〜ティッシュ〜ばっちっち〜汚れた〜さっきまで遊んでたトミカが無い〜カーズ見たい〜ちゃんとお片付けしたからカーズ見る〜


これが午前中だけでずっとです。



おもちゃは、取られたと泣いてるとZ君がすっとそのおもちゃで遊ぶのをやめてくれることがすごく多いのですが、空いたよと言っても何だかんだぐずぐずしてますし、次から次へと気に入らないことが増えてきてしまう。


これはすでにパニックに陥っていて、いろいろ考えられない状態なんですよね。



自分の知ってる言葉をあれこれ出して論点をうつそうとしたり、もしくは切り替えようとしてるのか?はわかりませんが、
「寝んねする〜ご飯食べる〜」等その場に関係ない事を出して来ます。


で、ご飯はさっきたべたばっかだよ、と言っても理解言語の弱さから
「ご飯食べないって言わない〜」とかよくわからないパターン化した言い回しがかえってくるだけ。

もう怒ってしまって、
「あぁ寝んねしておいでよ!寝室行こう!」っと強引に連れていくことだって少なくない。

本当は、これはダメなのにね。
そもそも寝るか寝ないかの話じゃないし、本当にそうしたくて言ってるわけじゃない。

混乱してて、それを自分なりにどうにかしようと足掻いてる。
そんな感じなんだと思います。


しかも発音が悪くて何て言ってるのかわからない事が多く、ぐずぐずしてるときは声も小さくなったりクンクンフンフン鳴き声出すから、要求や不満がフクレアガッテクルトこちらがどうすればいいのか、わからないしイライラしてくるし…



家にいると、最近はとにかくビデオがついてます。
見せたくないのですが、
Z君との兼ね合いでおもちゃの切り替えでぐずぐずする、そしてそれを引きずってここが痛いとかあれが無いとかってパニック街道まっしぐらな流れに。
料理や家事したいとき、やはりこれが始まったときにはつけてしまいます。

というか、Y君カーズにはまってしまい拘りの一つになってしまった??

毎日毎日、家にいるときは1日にカーズ1とカーズ2を見る。
酷いときはカーズ2を続けて2回…
Z君にだっていいはずがない。
でも、「今見たじゃん(笑)」と言えば、「今見たってしない」ってまたよくわからないこと言ってぐずぐず。。


遊びに付き合ってあげて、積み木やボール遊び、ブロックにトミカ、お絵描きといった事をずっとしてあげたらいいのかもしれませんが、
頑張っても半日…そしてこれ結構疲れる(笑)
だから外出に頼ると、午後には体力がついていかずこちらがぐったりやっぱり疲れる…






切り替えについて、タイマーを使う方法と、絵カードを使う方法を療育教室で提示されています。


絵カードボードを作成するとしたら、どこまで、どんな風に使うかをしっかり明確にしてぶれずにやらないとダメですよね。

1日の予定を細かく決めるのも…
言葉も多く出てますから、本当にやるという覚悟が持てずにいます。こちらが使いこなせるかも難しい問題。


事前に声をかけるだけでも切り替えが出来る事は多いけど、その声かけがイマイチ出来てない気がしました。



事前の声かけと、タイマー法(なったらお片付けしよう)で切り替えるきっかけを徹底してあげるのが良さそう。


切り替えられたら、「切り替えできたね!」と誉めてあげることで、切り替えたことを認識して自分で切り替える力がつけられるようになっていくんだとか。



最近ではちょっとでも癇癪やふえっ( ノД`)…となりそうになったのを見たら、「落ち着こう、落ち着いて教えて」と声をかけるようにしています。



今日もさんざんぐずぐずが続き、私も大きな声を出したりオムツ替えを力ずくで強引にしてしまい、さらにはまたあの寝んねする〜と泣くので、Y君の言葉通り2階にぽいっと連れてったりしてしまいました。



泣きながら降りてきて、私もY君もクールダウン……


泣いてずっと「寝んねしない〜」と言ってたY君も、時間とともに落ち着きはじめて。


様子を見計らって、落ち着けた?と聞くと「うん」と落ち着いて答えてくれました。


アフターケアです。ここでダッコにハグ、落ち着けたね、偉かったね、大きい声だしてごめんね、と伝えました。


私も弱い人間、ひどいぐずぐずが続くとこうなってしまうから、せめて最後はきっちりとしないとって。
パパと話してから気を付けてはいます。


でも、終わってもまた、ぐずぐずは始まるのです( ノД`)…

キツイ…

スケジュールボードの導入に悩み続け、パパにタイマーの導入を提案して、事前声かけをするように気を付けながらもなかなか出来ず(笑)
外出時は出来るのに、家だと出来ないのを改善ですね(´Д`|||)


そんな毎日です。


最終面談の時にこれを話さないと、次まで数ヶ月空くっていうから自分が持たない気がする(^o^;)




オムツ替えに関しては、頻繁に変える癖がつかないと本人も濡れてる感覚に不快感を感じなくなるし、変える必要性を感じなくなって、結果イヤイヤに繋がるんだそうです。

ならば布オムツというかパンツでやればそのうち習慣つくのかなって思いますが…簡単には行かないのでこれも覚悟やパパの協力も必用。


変える時間をきっちり決めてそれ通りやる!!と、決めたいと思います……自分がもうちょっと頑張れそうになったら…(;-ω-)ノ


パパが忙しすぎて、ワンオペ状態も多く、居たってママじゃないとダメって事が多いから、一人で抱えてるような状態がキツイっす(汗)


やれることはちゃーんとやってくれる、いいパパなんですけどね。


定型っ子だったら、私もそうだったら、パパもそれで十分だったんだろうな、なんて。



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

2歳7ヶ月頃、出来るようになった事

長男Y君 comments(0) - U-I

Y君、かなりお兄さんになってきました。


落ち着いていたイヤイヤが、療育やプレが始まってから再来。


でもこれまでのイヤイヤは、ぐずぐず言うイヤイヤだったのが、
今はハッキリと「イヤだ」「やだよぉ!」と言いまくります。
ぐずぐずするのはどうにもならず最終的に私が怒ったときだけで、
怒らなければY君もニタニタしながら好き勝手やってる感じ。


くちごたえというか、もうやったよ!!( `_ゝ´)とかちょっと言い返すような事もチラホラ。


私との関係性が以前とは変わったというか、彼の成長の中で何か変化したのを感じますね(´・∀・`)


やるーやらないーやるーやらないーというコロコロ言い換えるイヤイヤも、ちょっと以前とは進化してるけど相変わらずあります。






寝るときも、可愛い笑顔でお休み言って、そのまま退室させてくれるのが嬉しい。

嬉しそうなニッコニコの笑顔が増えました。




療育のお陰で家でも着替えをなるべく自分でやらせる事を増やしました。
だいぶ上達してして、1ヶ月でサポートありでシャツやズボンがはけるようになってきました( ´ー`)

まだ後ろに手を回すのが苦手、
左手が特に苦手、
しばらくはズボンを上にあげるときに、服をわしづかみにして強引に引き上げて「出来なかったーやってー」と泣いてましたが、
ゴムの所に手をいれるのを教えていたらだいぶ解ってきたようで、まだサポートが必要だけど右手はゴムの部分を引き上げるようになりました(*´▽`*)


畳むのは、何度教えてもまだ自分のやりたい折り方をぐちゃっとやって「出来た!」とぽいってします。

ゆっくり、そして丁寧にみたいな意識がまだ出来ないのかな。
ちゃちゃっとやるのを落ち着かせながら、手を位置まで持っていって教えながらやってます。
3回はんぶんこするだけとかの、簡単な畳み方なんですけどね!


出来るようになったことといえば、手を持っていったり教えたりすることをいやがらなくなってきた事。


手を誘導したりするのが嫌いだったんですけど、わりとさせてくれるようになりました。






言葉はかなり増えて、コミュニケーションを楽しんでます。

繰り返すだけのおうむ返しがまだある中、私のよく言うセリフを、正しいタイミングで使えるようになりました。

完コピなセリフだったのが、自分の言葉として使えるようになってる部分も増えて、更に自然な会話感が出てきてます。



まだ、成り立ってなかったり、違う意味にとらえたり、意味が理解できてない事は多いですが、少しずつ教えていければという感じです。


何歳?いくつ?と聞かれても、2歳とは言えないし、自分の名前を正しく発音出来ないとか間違えちゃう事があるけれど。

持ち物に名前が書いてあること自体を《おなまえ》と覚えてて、誰の名前が書いてあるかを教えたり聞いても「おなまえ!」と答えたり(笑)


でも前より絵本の内容を理解してるなと感じる発言も増えてますし(´・∀・`)
絵本の文章ほとんど変えて、内容だけ合わせ、普段Y君が直面してる場面に合わせたお話や言葉使いに変えたりするので、頭に入りやすくなってるのかもしれません。




つかまる事が出来ないのでブランコ等はまだ乗れないけど、落下防止のついたつかまらずに乗れるものは普通に乗ることが出来るのがわかりました。

はじめはいやがっても強引に経験させることで、出来たことや自信に繋がってきてるのがよくわかります。

これは療育のおかげ。


また、優しすぎるのも自立心を育たなくさせていたのか、
時にはやってーいやー出来ないーという場面でも、甘やかさずにやらせてみると、その場の雰囲気をよんでか素直にチャレンジするという面があるのもわかりました。



家ではものすごいダッコ魔になっちゃってますが…でも外でてるときはほぼ歩いてくれて、ベビーカーに乗らずに過ごせるようにもなりました。

二時間くらいのお散歩ずっと歩いたり。
犬の散歩でリードを持って歩けるようにも(*´▽`*)




また、Z君とボールで遊ぶ場面では、
ちゃんのZ君の順番になると手を出さずに待ってあげたり、そういった簡単なルール?やり取りがわかるようにもなりました。

まだ喋れないZ君の想いをくみ取って、私に伝えてくれたり、Z君に教えてあげたり。




トイトレは一旦中止してましたが、ズボンやオムツが自分で脱げるようになったのと、オムツも何も履いてないときは自らおまるに座りに行っておしっこをする、
オムツにおしっこが出た事を教えてくれる時がある、
というのが出てきたので、トレパンマンから始める事にしました。


来週から↑(笑)



○○で遊んだ!といった話をしてくれるようにもなって、その日ではない過去の事も話すけれど、何を言い出すかみたいな部分が楽しいです。




靴、初めに新しい靴を見せたときに、「カッコいい靴だね!」と私が言ったのですが、

今日サンダルにする?
「サンダルしない、カッコいいクックはく」
といったように、その靴の名前は『カッコいい靴』で覚えてます(笑)

カッコいいとか可愛いっていうのはわかってると思うけど、
絵本でもなんでも、一度教えたら教えた時の言葉通り発音します。


そのときの会話の流れで覚えてしまった言葉、例えば
カッコいい、とかにパパを必ず付けるみたいな。
「パパカッコいい、ママかわいい」とか、Y君の中ではどこで言葉が切れるのかわからないのかな?というのが多いです。

(ひこぼしをパパといい、織姫をママといってて、カッコいいね、かわいいね、と話を適当に合わせた結果、ひこぼしと織姫がページに登場する度に指差して言わずにはいられないらしい)




少しずつ、親の方も接し方を変えたり調整していかないと、Y君の成長を妨げる事になってたりするみたい。


療育、次も頑張ろう。






にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村









 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM