幼稚園に入って3日立ちました

長男Y君 comments(0) - U-I

忙しくて書きたいと思いつつも時間が無かった…

いつの間にか、気がつけば入園していたYくん。



幼稚園生になりやした。




入園1ヶ月前からめきめきと出来ることが増え、急成長してました。
この時を待っていたかのようだ。

前向きに頑張る姿が目立ってきて、それなりに会話になるというか、こちらが聞いてることを理解して回答出来る事が増えた。



入園式でも泣く事はなく、ずっと付き添ってはいたけどなんとか頑張っていました。
制服を着るのも、ベレー帽を被るのも嫌がるかと思いきや、むしろノリノリ。
はしゃいで家を出ていきました。


入園式次の日はさっそくバス通園。
それも問題なく、幼稚園バスを楽しみにしてテンション高め。


バスが来ると、先生と挨拶を交わしていってきまーすっとニコニコで乗り込んだ。

むしろお兄ちゃんがバスに乗ってギャン泣きしたのはZくん。


公園よって機嫌をとっても、時々「兄ちゃんいっちゃったね」「あれ、兄ちゃんどこ?」
家でもしばらくは親指ちゅっちゅと吸いながらソファでぼーっと…


お兄ちゃんロス。

この日からとりあえず毎日お見送りの後は公園散歩がルーティーン化しつつあります…



半日保育は3日間。
帰りも問題なく帰宅して、その日あった事をちゃんと話してくれました。

歌や体操はやらなかったとか、その間は怒ってたとか(笑)


保護者会もさっそくあって、担任の先生が「ちょっとずつどれも参加してますよ」と。



療育でもちょっとずつ出来るところだけ参加してるから、そのまんまだなーと。


でもYくん今のところ幼稚園大好き!

保護者会のため帰りのバスは無しだったら「バス乗りたかった…」というし、 
明日は土曜日だからお休みですというと
「えー!いやだー!」と悲しむし。


月曜日からはさっそく1日保育だから、疲れが出たり、苦手な事をやる場面が増えてくじけたりするんじゃないか…とも思うけど、
なんだか大丈夫そうだなって安心感も大きい。




思えば、ものすごーく濃い3年間だったと思う。
2歳から療育があって、母子分離もたくさんやった。
苦手なこともたくさん体験してたくさんないて、それでも切り抜けるという経験値たくさん積んだね。

さらに、出来た!が増えてものすごく嬉しそう。自信がどんどんついて、へこたれないような強さも付いてきたように思う。

周りの環境にものすごく恵まれました。
Yくんが自信をつけて強く過ごせてるのも、療育や周りの人たちのおかげ。
優しい人ばかりで、ほんと嬉しいね。

変な目で見てる人もいるのだろうけど、そういうのあんまり気づかないから←
露骨に嫌なことを言われたら傷つく=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
でも、また頑張れるよう親子でなんとか力をつけていきたいな。



ほんとは、もうひとつ運動療育の教室にも行く予定だった。
見学もしてあとは契約だけ!という状態で入園したんだけど。
なんかこれ以上忙しくしなくても、幼稚園でやっていけそうだなーとか、
その教室が家から徒歩40分だったこともあって…
魅力的だったんだけど、とりあえず今はこのままでやっていくことにしました。


何かあれば私たち親が教えて行こう、って。





他の3歳児で幼稚園派の子は、母子分離の経験も少ないし、Yくんのこれまでの経験はそりゃ自信になるよね。





あと、隣駅まで通いに行ってる療育では、目標や目的に沿ってやっていく。
6ヶ月を目安に見直したりいろいろするんだけど、3ヶ月立って中間報告をこの前受けました。


目標としていた事が出来るようになってきてるのがよくわかって、本当に身に付いてるんだと改めて感じることが出来た。

授業?のモニタリングしてると、もちろんYくんのいい変化をちゃんと見ることが出来ていたけどね。







名前を呼ばれたらお返事する事が出来るようになったんだけど、大きな声を越えて叫び声になってしまうYくん。

月曜日までに、声の大きさの絵カードは作ろうかと思ってます。




嫌なときにすぐキャーと叫ぶのは相変わらず無くならない…



でも、制服を着るとすごく頼もしいお兄ちゃんに見えます。










因みに、私も先生にものすごくおせわになっちゃってます笑


保護者会で内容を理解することが出来なくて迷惑かけたりしたくなかったので、ICレコーダーで録音してたんですが。


それをわかった上で、担任の先生がわざわざ手書きで保護者会の内容を書いてくれました。


たぶん、その場で書いたのだと思います。
旦那が一緒に来てたらその必要は無いのもわかってくれてると思うので。




私の事も、Yくんの情報と一緒に発達センターから幼稚園に連絡が行っていたのか、ものすごーくよくしてくださってます。


連絡ノートをさっそく書いて、さっそく字を間違えてたらしく後日それを見たパパに突っ込まれたけど。

先生ならわかってくれてるから、まぁいいや!と、ちょっと恥ずかしいけどね、そんな感じです。

バカ丸出しで周りにも確実にそう感じさせてるのもわかっです。この感覚はいつになっても嫌なもの。


でも仕方がないとか、子供が幼稚園入る前に自分のこと理解できてよかったと思える。

今から小学校の事が心配だよ笑
幼稚園みたいに手厚くなんかしてくれないだろうからね。
子供じゃなく私に?(^^;
内容も幼稚園より難しいことたくさん増えるだろうし…



でもYくんも頑張ってるし、一緒にがんばろー

 










にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



 


一時保育の利用終了

長男Y君 comments(0) - U-I

今日で一時保育の利用が最後のYくん。

なんだか寂しいなー。

Zくんはまだ一年お世話になりますが。




Yくんは5ヶ月くらいの時から、もうひとつ登録していた保育園の一時保育を時々使っていました。


離れても泣かない方だったけど、それでもなんとなく馴染めてなかったかな。



1ヶ月に1度とか、ほんのたまにだったし。


でもZくんを出産してから、今使ってる方の一時保育に週に2回は預けるようになりました。


一年近く前に、登録に1回行っただけだったのに、顔を見ただけであだ名まで覚えてくれていてくれたここの先生たちは、ほんっとうにお世話になりました。
泣くどころか楽しくて帰りたがらないぐらい気に入ったようて、それからはずっとこちらを使わせてもらって。



1歳半頃から3歳4ヶ月になるまでずっと一緒に育ててくれた先生たち。



イヤイヤ期や、発達障害の特性が一番良く出てくる、難しく大変な時期に、
一緒になって悩んだり考えたり、向き合ってくれました。



対応の難しさを一緒に感じてくれたので、これはお母さん大変ですね、と、私の気持ちをわかってもらったり(笑)、


Zくんも5ヶ月前から一緒に預けたりしはじめて、いろいろ親身になって接してくださっていたんです。



トイレトレーニングが思ったより早くすすんだのも、
スプーンの逆手が早めにマスター出来たのも、この保育園の存在があったから。



16キロほどある3歳の男の子を、ダッコで寝かし付けさせてくれたり…お昼寝時間の調整や起こす時間もこちらに合わせてくれたし。


 

 

 

 


療育も早くに通い始めた事もあって、誰よりもたくさんの事を経験することが出来ました。


細かくひとつひとつ教えてあげなければわからない子だけど、周りがしっかりとひとつひとつ優しく教えてくれて、少しずつ出来る事や興味を持てるようになって
 

療育で教わったことを伝えると保育園の全然も実践してくれました。


小さな失敗にパニックになったり、きりかえが難しくて大変だったのに、
いまでは新しい事や苦手なことにもチャレンジする時が出て来るようになりました。

良く笑い、自信のある様子が見られます。




最近ではなんと、
「起きて、一人で着替え、夜のおむつもおむつゴミ箱に捨てる」という作業が一人で出来るようになってます。


私が起きたときにはもう着替え終わってリビングに居ます(笑)

出てるおもちゃで遊ぶくらいで、他のしまってあるおもちゃを広げてるわけでもなくちゃんと待ってるんです。



自分でちゃんと出来るようにと、ひとつひとつ一生懸命教えた事が出来るようになって、本人も嬉しいみたい。


側に居ると、着替えもやって〜と甘えちゃってますけど(笑)


パニックを起こしたときや起こしそうなときも、落ち着く方法を教える、パニックにならずに伝えるよう教えていくと、今ではかなり落ち着いて伝えられるようにもなってきたと思います(まだぐずぐずするときあるけど)



失敗しても、「まいっか」精神をうえつけたくて声かけに気を使っていたのがよかったのか、最近身に付いてきた感じもあります。




保育園の先生たちもめきめきと成長してきた姿を見て安心してくださってる様子。


成長したらしたで、また違った困りごとも出てきますが、まずはこの次のステップ[幼稚園]で、頑張れる強さは身に付けられたんじゃないかなーって思います。

 

 

 

その証拠に?


3歳3ヶ月で、やっと手遊びなどを一緒に出来るようになってきました。

もちろん、ゆっくりゆっくり、Yくんのペースに合わせて教えながらですが。

こんな簡単な動きがなぜそれになる?!といった極度の不器用さが見てとれる(笑)ものの、
大きな栗の木の下で は、一緒にほぼ同じくらいのペースで歌えるようになってきたし

グーチョキパーでーグーチョキパーでー、までは一緒に合わせて出来るようになってきました。



教わるのも、出来ない自分もわからない自分も嫌だったのにね。


幼稚園で皆と一緒にすることはまだ出来なくても、
こういうのを楽しいと思いながら、たとえ私とだけでも取り組めるならそれで満点。





教え方を気を付ければちゃんと応えてくれるようです。




6月に、初めての発達クリニック受診もあります。


療育通いも継続しつつ、幼稚園生活も楽しく過ごせるといいな。





一時保育の利用が終わってしまうのはとても悲しいけれど、まだ先生には会えるしね。



夏なんかは保育のお散歩時間に公園で会える可能性も高いし。





たくさんお世話になりました( ´ー`)







にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

療育の現在のクラスやプレが終わり次のステップへ

長男Y君 comments(0) - U-I

こんにちは。U-Iです。



3月。
先日幼稚園のプレが終了しました。
幼稚園に行くプレイルームがあと1回ありますが、もう次は入園式になるようで。
入園してから2週間くらいは半日のならし保育らしいのですが、この前のプレの保育参観を見ると不安があります。


制作なんかは出来るので、ちゃんと皆と同じところで真剣にやってたけど、挨拶も歌だし、手遊びやアンパンマンの体操とか、そういったものはやっぱり出来ないんですよね。

プレの保育参観の日も、後ろで自分のカバンを振り回しながら怒ってました。

声をかければヤー!と奇声をあげてしまいます。

反射的に拒否の気持ちが出てそのまま奇声に繋がるわけで、なかなかなくならない。
これまでも何度も、やめようね、ママお耳が痛いから辞めて、言葉で伝えよう、と声をかけてきたけれど。


一緒にいるときはあまりやらない落ち着きなさも結構気になりました。
不安などから多動が増えるのでしばらくは出そうです。




同じ療育クラスに居た子が、私達の行く園は断られたと言ってました。
でもクラスでの過ごし方を見ると目立って気になるところは無いレベルです。

うちのYくんも、療育クラスより幼稚園の方が過ごしづらそうなので、療育クラスで見る姿とは違うのかもしれませんが。

プレに通っていたか通っていなかったか、でも違うと思います。
なので、園に合わないと退園させられる可能性があるかも…?!という不安もあり。


幼稚園用に絵カードを作ろうかとも思っています。
やっぱり不安の中話が聞けなかったら、次にやることなんかもわからなくて嫌になるだろうし、先生も対応に困るかなぁと。

特にまだ園と具体的な話をしてるわけでもなく、プレの様子から伝わっているくらいだと思います。


園ではじめの頃にやるだろう歌もおそわり、事前にYくんの頭に入れておこうとも思います。

皆とは出来なくても、歌わなくてもいいから静かに聞いていよう、という、落ち着かせる指示からまずは入っていけるように。



療育クラスもあと1回でおしまいで、4月からは年少グループが始まります。

こちらは、5月くらいからたまぁに園をお休みして療育に行くのですが、お休みするといっても療育時間は一時間しか無いんですよね。


あとは、幼稚園との連携をしてもらったり、療法士さんの幼稚園訪問とか。
でもこれも、幼稚園側から希望した時にって感じみたいです。




最近、指示がわからないので聞き返す事が1日に何度も、もう絶えず?!あります。

いつまでも通じない、「え?何?○○なの?」←違う という風に聞き返されるので、
若干イライラする、言葉遣いを間違えて失礼な言い方をするので不快な気持ちになる(笑)というのや、
今やってること(お片付けや食事)を忘れてしまうので何度も声をかけて思い出させたり時間をかけなきゃいけない、

と…成長と共にしっかりしてくる反面こういった部分にこちらが対応しきれず、怒ってしまうことも増えてるんです。




避難訓練なんかもですが、この前夜に雨が酷かったときは雨音で起きてしまい、怖くて寝れなくなってました。

過敏性が和らいで来てる中、まだ繊細な面もあるようで。




でも次のステップに進むのです。
頑張ろう。




にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタリコ体験教室

長男Y君 comments(0) - U-I

この前の幼稚園面談の後すぐに、今度はリタリコの体験教室がありました。


雨の中向かって、エレベーターのあるビルだったけどエレベーター前に四段ほど階段( ;∀;)

レインカバーにポンチョを雨の中脱いで拭いて、二人の子供たちをおろし、二人乗りベビーカーをあげて、エレベーターが危ないのでまたZくんをベビーカーに乗せる。

降りれたと思ったのにまた乗せられるのを全身で嫌だと表す(^_^;)




教室内はそんなに広くはないけれど、七つくらい部屋があっただろうか。

広い部屋もあるらしいけど、私たちが入ったのはほんとに小さな部屋。
まぁ片方の壁が移動出切るやつだったけど。


説明とか聞いたり少し話してから、Y君と先生が授業をします。

私とZ君は出て、モニターで中の様子を確認できます。
一応待合室??はおもちゃもあって、存分に遊んでいいですよという感じだったので、Z君も遊びながら待つことが出来た。
時々お兄ちゃんの部屋に行きたがってたけど。

パソコンからのモニターは見辛いのを察してiPadで見せてくれた(o・ω・o)


先生のやろうとしたことをやりたがらないので、おもちゃの車を出して、車で遊んでる風でルールのある遊びをやってみたりしてた。

体を動かしたりシャボン玉やったり。

Yくんは指示を無視(理解してなかったり聞けてなかったり)も多かった。

30分ちょっとやってまた呼ばれ、中で話したけど、
体の使い方などの事や、
ルールのある遊びをやろうとするとやはり構えてしまいやらなかったりする事を話してくれて、
私が改善させたいと思ってる点を的確に見てくれているのがよくわかった。
安心して任せられる感じがした。

通うとしたらやはり、体を動かしながら、力を入れることと抜くことや、自分の手や足はこうなっているんだなというのに気付いて感覚を学んでいくところからと言われた。



感触も良かったし、幼稚園でスプーンの逆手マスターをいいわたされていたこともあり、帰宅して旦那にそうだして、後日入会する事に。



が、いままだここで止まってます。



実は体験の時に担当してくれたのは、本部の人っていうの?
教育係さんという感じの立場の人。

話では、幼稚園に入るまでに月1〜2回という話でまとまってたのだけど、
入会するのに電話をすると、月4回をかなりおされた。


月2回でもシステム的には問題ないが、授業担当者に確認してみないとわからないとか。

そしてその先生は今休みをとっていて、早くても月頭にならないとわからないとか。


うーん、やはり、出来る人を体験に持ってきても、そのあとこんな感じで待たされると不安を感じてしまう。


電話で対応してくれたお兄さんは、所々敬語を間違えて言い直したりするし、マニュアル返しな感じで細かいことがわからない様子で。


とりあえず、月2回で通えるかを確認するまでに、他で体験に行くのでこちらもどうなるかわからないことを伝えた。


で、この前見学にいったハビーの体験日を決めた所。


リタリコさんは、実際担当してくれる先生と会ったり話したりしたわけではないからわからないけど、
受給者証無しの幼児教室として通う予定で考えていた。

ハビーなら受給者証使えるし、1度はリタリコさんでやっていこうと思っていたけれどもう一度考え直してる。



どうなるかは、来月には決まるかな?





にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM