発達障害は一生体調不良との戦い

発達障害 comments(2) - U-I

発達障害を持ってる人は一生、体調不良との戦いだということを、とあるカウンセラーさん伝に聞いて、あぁだからか!と納得しました。





大人の発達障害と体調不良について



ここを参考に貼らせていただきます。


というか私の記事よりリンクよんだら早いな…(笑)


発達障害の人は、疲れやすい、とはよくきくもの。

私自身も疲れやすいとか、ストレスに弱いというのはわかっていました。

リンクのページにかかれてる事そのものが私だ!というくらい当てはまります。


筋肉が弱いという特性から肺や呼吸器系、関節のずれに足の痛みなど、そういった不調にも悩まされることが多いかもしれませんが、それ以外にもいろいろとあります。





もとから、自分は人より劣ってる部分が多いと知ってから、『普通の人が普通に出来ることを、私は頑張らないと普通レベルでこなせないのだから、人より疲れるのは当たり前なんだ』と理解しはじめていました。


体調不良が多く感じ始めたのは二十歳過ぎてから。




産後は急に、生理のホルモンバランスの影響をもろに感じるようになり、月に1度、ピルを飲む前は排卵期も含め、常に体調が悪いという状態になってしまいました。

こういった事も、発達障害の人間によくある事だったようです。



大人になるにつれて、病気知らずだった人もどんどん体調不良がみられてきます。



疲れやすいというのは、脳のストレスや環境の変化、苦手なコミュニケーションを必要とする対人関係、特徴にある過集中、感覚過敏、無意識に起こる脳の興奮状態、ホルモンバランスの変化、等が主な原因です。




体をどんなに強くしても、疲れやすさが緩和されるわけではなく、自分や周囲の人間に手伝ってもらいながら環境のコントロール、自分自身のコントロールをしなければならないのです。





変化に弱いとされる発達障害。

私は音楽をやっていたけれど、ライブの度に、一週間前から一日中動悸にみまわれ、頭の中は興奮状態になり考え事が止まらずループ。
落ち着かず、とても辛い状態になります。
ライブは好きですし、ライブ中は気持ちよく過ごせる。
本番に強いタイプとすら言われるし、緊張はするけれど楽しみも多かったのですが、どうしても興奮状態は毎回出ていました。
脳が興奮状態になると、ものすごい早さで物事を考え続けて止まりません。
これは不眠にも繋がり、激しくエネルギーを消耗します。
(↑この症状は起こっていましたが、リンクにはったページを読むまでこれが発達障害だからだとは、知りませんでした。記載通り不眠に繋がってました。)



これはとても体に悪い状態だったらしく、回数をこなすとどんどん精神状態に影響が出ていきます。


因みに例としてライブを出しましたが、音楽を止めてからも日常生活の中で、自分にとってストレスになるものがあるとこの脳の興奮は起こります。


環境の変化というのはそんなライブのような非日常のみならず、誰でも影響がでそうな季節や気温、新しい場所での活動、入園入学などといった、生きてればどこにでもある変化です。


普通なら、あー緊張した!とか、不安だったけどなんとか終わった〜程度の事が、その程度ではおわらない。

例えそのときそのときはそうなって問題なく過ごせても、蓄積してそのうち必ず体調不良として疲れが出てしまいます。




頑張りすぎていくと、電池切れ状態にもなりました。


電池切れは日常でも起こります。


どうしても、無意識に頑張ってしまう時があり、本人としても「調子がいい」と感じながら楽しく過ごせてるのですが、それは長くは続かないもの。

力を注ぎすぎてしまうので、いつかは電池が切れます。

倦怠感、疲労感。




過集中というのは、発達障害の人によくあって、すごい!とよく回りの人に言ってもらえるほどの集中力を発揮します。


休憩なしで五時間黙々と勉強や何かの練習、私の場合はハンドメイドの作成などもしてましたが、そのくらい過度に集中して作業することが出来ます。



自分でも、この、集中してる状態は好きで、楽しいから集中してる、といった感覚。



でも、ここも興奮状態なのかもしれません。
そしてこの能力が、体にいいわけでは無い、ということです。


さらに、環境の変化については感覚過敏という特性をあわせもつ所から弱くなる一方で、
疲れてることに、感覚鈍麻というのがあって、気付けずに過ごしてしまいます。
疲れてることに気付かないから、頑張り続けてしまうのです。

疲れたから休もう、と誰もが調節しながらうまく過ごせる所を、感じないので休みなしで山を昇りきってしまうような私たちは、「疲れた」と感じたときにはすでに遅い。

電池切れを起こします。





だから、周りの人が、「ちょっと休もうか」「やりすぎだよ」と声をかけて休むようコントロールしてくれると助かります。


そのうち、自分でもそろそろ休まないとだめならしい…と、コントロール出来るようにもなってますから、そのタイミングをつかめるようにしてくれるといいですね!







うちの三才前のY君は、歩けるようになってから、ものすごく歩きます。
二時間歩いても、だっこ〜とはならず公園や動物園をまわることが出来てしまってました。


そこを、1つ下のZ君は、わりとすぐ歩くとだっこ〜となるか、座り込むか。

そんなに体力無いの?お兄ちゃんはずっと自分であるけるのになぁ。と、思ってましたが、Z君の反応が正しかったのですね、



Y君は疲れたことに気付かないから、眠たいとかも自分からは発信出来ないのです。


幸い、ジーナ式育児をしていたお陰で、必要な睡眠時間やタイミングを守っていたのでよかったけれど、無理にでも寝かせなかった場合、疲れすぎで夜中何度も起きてしまって寝れなくなったりすぐに反動が出ていました。

そんな日は、あぁ疲れてなさそうだからとそのままにしておくんじゃなかった…と後悔(^-^;


だから、どんなにお友達と楽しそうに遊んでいても、今もお昼寝必要に思う日は、「そろそろ帰るね!」と中断して帰宅します。


Z君は、疲れたら機嫌が悪くなるか、眠くてコテンと寝てしまったりと、体に正直なのです。


車で出掛けたりしてれば、疲れてれば帰りに寝たり出来そうですが、そうでないときはしっかり帰宅してお昼寝を取らなければ疲れすぎになってしまいます。





気づかない子だな、と思えたのは、自分も疲れてることに気付けないらしい、とわかっていたからです。


体力を使う仕事をしていたとき、休憩もとらずに楽しく最後まで働き、帰りに電池が切れて体が動かなくなる事もありました。


それを何度も何度も繰り返してるうちにやっと、『頑張りすぎてるらしい』とわかってきたのです。





普通の人が『限界を自分で決めるな!!』と名言を言ったとしても、
発達障害の人間は同じように考えてはいけませんね(笑)


私たちの場合は限界を越えて頑張ってしまってる状態があり、それが続くわけではないから不調になる、つまり『限界を越えないようにここまでと決めろ!』
というのがいいですね(笑)



無理してコミュニケーションを続けたり、無理して仕事を引き受けて残業したり、無理して練習をしまくったり。


本人は無理してるなんて思ってないですけど。(汗)



発達障害に気付いてない人や、この特性をわからないである人は、『自分はまだまだ甘い、自分はダメなやつ』と思い違いをしてしまいます。


まだやれる、まだ頑張れる、ここでやめたら甘いんだ


そんなある意味強さのような思考が、人より苦手が多く日頃から頑張らなきゃならない人間にはいつしかついてしまう時があります。

周りの人についていくため、
周りの人に認めてもらうため、
周りの人と同じだと思い込んでいるためです。



それが自分を責める原因や追い詰める事になってしまう、だから二次障害として精神を病んでしまう人が多発してしまうのかもしれません。



またどんなに自分でコントロールしても予測しきれないので、
体調不良になって休んだり動けなくなってしまう事を周りの人はもっと理解して過ごしてくれる、そんな社会になっていくといいです。







にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



 



 


「コミュニケーションが苦手」を考える

発達障害 comments(2) - U-I

コミュニケーションが苦手だというのが発達障害の人間には結構ついて回る。


でも、ただ単純に「不安だから」とか「自分が入ってっていいのだろうか…」といった気持ちの部分だけのせいだと思ってる人も多い。
本人も、他人も。



なんでそんな気持ちになってしまうのかって所には気づけない事が多いみたいだなって気付いた。


特に、支援を受けてこなかった、診断が無かった人、遅かった人、結構いると思うけど、
本人じゃなきゃ気付かないだろうし、本人ですら、気付かない部分はまた多い。



周りのひとがどんな感覚をもって生きてるのかなんてわからないから、みんな「自分と同じ」だと想って頑張ってる。



この先は自分の能力の凸凹の場合の話なので、違う感覚や違う部分の苦手のせいって人もいるのだろうけど、ちょっと考えてみようと思う。




LD、PDDな自分の場合、


イメージ力(想像力)の障害がある。
例えば算数の問題で、
○ちゃんがりんごをいくつ、△くんがイチゴをいくつ…とかいう、ああいった簡単な文章問題があるとして、

文章を読みながら頭で内容を想像し、求められてる事を見つけだして計算するわけだけど、




文章を読みながら想像する、これが出来ない。


だから、勉強して解の求め方がわかったとしても、同じ書き方の文章問題がわかるようになっただけで、途中の展開がちょっと変わった応用問題や文章の書き方が違った問題になると、
どう解いていいのか、何を求められてるのか、全くわからなくなってしまうのだ。



さらには、空間認知というのかな?
とりあえず想像力の障害として、数字の大きさがわからない。
距離、量、長さとか、定規くらいの物や目で確認出来るものならなんとか頭にイメージしてこれぐらいかなとわかるのだけど、それ以上になってしまうとまったく意味や違いがわからない。


私たちなりの解き方は、絵で描いてみる事。

視覚支援があると理解が可能になる。

でも、距離とかって、絵にかいても本当の長さではないからイマイチ理解力出来なかったり、何「倍」とか、私にしてみたら複雑。


複雑なものになると目で見ても、『ここからココの繋がりがわからない』という感じで、道筋が立てられずわからなくなってしまう事が、いろんな場面で起こる。




次に、記憶の障害。
短期記憶が苦手とされる発達障害だけど、
人の顔や名前を覚えるのが苦手な人がいる。

私の場合は、特徴的な人は覚えやすく、また特徴で覚えていた人がイメチェンしたら誰だかわからなくなる(長かった髪を切る等)


名前を覚えていても顔がわからないというのもあって、二つの別の事を(見た目と名前)一緒にして覚えるのが難しい。

他で言えば曲もそうで、耳で聞いて覚えている事が多いので、アーティストや曲名はしらない。そして、耳で知ってる曲に曲名やアーティスト名をくっつけて覚えることが難しい。


『印象』として、感覚のみのざっくりな記憶方法しか出来ないから
有名人も見ればわかるけど名前とかあまりわからなかったり、CMだって毎日見てるはずなのに、内容も出てる人もわかってない。
?

広汎性発達障害は、興味の幅が狭いという特徴もあるので、日常の中で自然と習得していける定型の人に比べると、興味の無い部分の習得は特に難しいらしいし、興味無いという態度が時に人を不快な思いにさせてしまうらしい。(自分も覚えがある)



もちろん興味の問題関係なく覚えようと努力したり勉強してもなかなか頭に入らないし、
やはり二つの事をくっつけて覚えるのが難しく、
やっと覚えた知識も忘れていく事が多い。








その他で言えば、
冗談がわからないいう部分。
冗談はわかっても、返し方がわからないとか、なんでそんなことを言うのかという気持ちの部分が理解できないとか、
そういう問題がある。


私は謙遜みたいなのもわからない。

子供の頃は挨拶のタイミングがわからず、言ってもスルーされるから嫌いで。
息子はやはりタイミングが悪くてまったく相手に伝わらないけど、一生懸命大きな声で挨拶したりする場面もある。

タイミングを見計らってたら出来なかった、そういう苦労話もあるかもしれない。



覚えが悪かったり、似たような物の違いが認識しずらいといった特徴、いろんなものが、コミュニケーションの中で時にいじめに発展したり、笑われたりバカにされたり怒られたり…



『人の気持ちがわからない』と言ってしまうとなんだか違うきがするけど、まぁそういうことなんだろうな。



まぁ、私はコミュニケーションが苦手だとは自分の事なのに気付いてなかったので…大人になってやっと、うまくいかないって思い始めたところあり。
それまでたくさん傷付けていたんだなって、後の祭り。



因みに小〜中学校、クラスに友達は一人か二人、話しかけてくれれば話せる人が数人、話しかけられてもウンとかしか応えられず固まってしまうのがその他大勢。

それでも苦手とは思ってなかった…(-_-;)



最後に、自分の気持ちを伝えるのが難しい事。

私の場合は、その場では感情が自分の事なのにわからなくて、数時間から数日してやっと「私はこう感じていたのか!」とわかるし
伝えたいことがあっても、
それを言葉にするという作業が難しくてうまく喋れない。
書くことで自分の気持ちがすらすら出てくるので、書きながら「あー私はこう想っていたんだな」と知る。
話すテンポや感情についていけないから、喧嘩とかできないし、言い返せない。

さらには、私たちは使ってる言葉の意味を理解してないで使ってる所があるらしい。
定型の人でもあるのだろうけど、
自覚できる部分でいうと、言おうとして頭に浮かんだ言葉が、どんな意味のものなのかわからず、間違って使って笑われたりバカにされるし、自分で「この単語で合ってるかどうかわからないから言うのやめよう…」と、間違える不安から発言を躊躇してしまう。

無意識に覚えていく言葉は多いだろうけど、自分の場合ざっくりとした感覚程度で覚えてしまう分、間違えも多いのだろうか?


「自分の使ってる言葉の意味を理解していない、気持ちを伝えることが苦手」
こういう、いろいろ書いたような事が、発達障害のコミュニケーションの苦手な特徴の中に入ってたことには、自分でも驚いた。


同時に、これが発達障害だからだったのか!とわかったとき、自分の事を理解してもらえたような気持ちになったし、
発達障害とはそういう所がある、というのがしっかりわかってるって事なんだな〜とも感じた。









つまり会話の中で、
有名人の名前がぽんと出てきたり、場所の名前や行き方、道の名前なんかが出る場合、それ以外でも定型の人ならある程度自然に覚えていくよくな物事が出てくる話についていけない。

わからない所が出てくると、一瞬頭も止まってしまって、それ以降の話がわからなくなるし、
その場でウンウンと聞いていても内容は、あらすじ程度にしか理解してない場合が多い。


そこに、一対一ならまだしも、大勢で話せばいろんな人が加わるわけで
そのぶんわからない所も増え、タイミングも逃し、全てについていけなくなったりするのだ。
何について話してるのかはわかっていても、一緒のペースで考えていけてなければ、感想も感情ものべられず、
いざ言えたとしても、言葉を間違え違う伝わり方になったり、自分の気持ちが言葉に変換出来ないといった、いろんなものが絡み合って、思ったようなコミュニケーションが取れない事が増える。



LDが入っていなくても、空間認知とかの障害はあるし、二つの事が同時にできない(聞きながらメモを取る等)とかがあるし、言葉にするのが苦手などはあるので、
コミュニケーションの場でもどうしても漠然とした苦手意識が大きくなったり、
どうかえしたらいいかわからない、周りと自分は違う気がする、
いろんなそれぞれの思いで、デキナイになってしまうみたい。



同じ発達障害でもそれぞれ、特徴と言われる中で出来ることと出来ない所も違う。


同じ苦手でも度合いが違うだろうし。




でも、どこが苦手だから不安になるのか、何が消極的にさせてるのかがわかれば、それまでより少しは、
コミュニケーションを楽しめるようになったり、
チャレンジする前向きな気持ちになったり、協力を求めたり、
出来ないところは諦めるみたいな(笑)勇気にも繋がるんじゃないかって。






コミュニケーションについての苦手を、考えてみた。
にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

広汎性発達障害疑惑

発達障害 comments(0) - U-I

これは、私のこと。
ということは、Y君も同じ可能性があるけれど。
特徴としてはすでに当てはまる部分もあるけれど。





もう大人だから、
学習障害、という部分しかわからないものだと思っていたけど、ちゃんと診察の中から診てくれていたようで、
診断書にPDD(広汎性発達障害)の文字があった。


今となってはどこをピックアップしていいかはわからないのだけど、

自分の気持ちを伝えるのがうまく出来ない、
言葉にするのが苦手、
冗談などをそのままの意味で受けとる、
自分の使ってる言葉の意味を理解していない、
相手の気持ちを考えるのが苦手、
想像力の障害で例えば文章問題の意味や内容をうまく頭に描けず理解が難しい、
興味の幅が狭い、
ヒトの顔が覚えられない等、
過集中、


こんなところかなと。

相手の気持ちを考えるのが苦手だとは思ってなかったけど(笑)、
なんか余計なこと言ったっぽいなーとか、雰囲気壊したっぽいなーとか、
あれ自分の発言皆にフォローされてるーとか、
失笑起きてるけど間違えた?

みたいなことは普段からあって、それがつまりそういうことに繋がってるのかも。


冗談をそのまま信じたこともあるし、冗談なのかそうじゃないのか判断できないまま過ごすこともあるし、
最近では旦那との話で、「謙遜とかそういうのがわからないみたい」だという事もわかってた。

ママ友との会話で、
なんで自分の子供の出来てる所をむしろけなすような言い方をするんだ?
本当はいいパパみたいなのになんでそんなに悪い言い方しか言わないんだ?
本音を話してくれてないみたいで悲しくなる…
そんな事を感じるのだけど私がおかしいのかな?と、旦那に相談したときにわかったこと。


それなりに、本心では無いとか、本音とたてまえの使い分け見分け方とかわかってるつもりだけど、じゃぁなんでそう言うのか、みたいな部分は…難しかったり。



因みに、広汎性発達障害の子供は小学校高学年頃にならないと、相手の気持ちを考えるということが出来ないらしい。
叱ったりしないようにしないといけないって知った。
危ない危ない。




自分の事をめんどくさいヤツだとは思ってたけど、こうやって並べられると…
ほんと、周りの友達とか関わってくれてる人達って、優しいなぁと再実感。



自分が親になってから、自分のめんどくさい部分も仕方ないって割りきってコミュニケーション取れるようになった。
たぶん、自分の事は後回しっていう『子供効果』みたいなのがいい方向に働いたのかなぁなんて(笑)

やっちゃったっぽいなーと思って凹んだり気にしてしまう事は日常茶飯事だけど、それでも友達を信じたり、こんな自分でもやってくしかないって諦め←前向きに。




自分の中でパニック起こすような事も、広汎性発達障害としてみると当たり前だったのかもとわかったり、

ちょっとした衝撃もあり。






自分の事がわかったということは、子供の事も近道になるかもしれない。
 



どこまで話していいとか、ここは話さない方がいいっていう判断が自分の事になると出来なくて、こうやってベラベラと…喋るのは上手くないくせに「心の多弁」傾向があるのでいらんこと書くし。わかってても、なかなかコントロール出来ないか、コントロールはイコール我慢だから、



長く続かない。



 



話したい、伝えたい、知ってほしい、そんな気持ちが先行。



喋るだけ喋って、やっちまったなと後悔。



それも仕方ない、仕方ないんだもん、仕方ない。



 




時々こんな自分が嫌になるけど(笑)

同じ特性をもつY君の事が大好きだから、
こんな私の事を支えて受け入れてくれるパパが居るから、

今はだいぶ、生きやすいし、「そっかーそうだったのかぁびっくりだわぁ!」程度なのかもしれない。




にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


トイトレ中止と発達の遅れ

発達障害 comments(0) - U-I

2歳〜3歳となれば、皆が始めるトイレトレーニング。

我が家もいつ始めようかとずっと考えて、なんとか自分でズボンを脱いだり履いたり出来るようになったことや、タイミングが合えばトイレでおしっこが出るのを見て、準備は出来たな〜なんて思っていました。



おしっこの間隔が1〜2時間空くという条件もトイトレを始めるサインとして言われてますが、

うちは、1時間は空いてる、ただたまーに、頻尿?トイレでおしっこが出たのにお風呂でまた出たり、オムツを確認したらだいたいちょっと出てる…?という心配がどこかにあって。




今回トレパン初デビュー、シールカードもつくっていざ!
と取り組んでみましたが、たった半日で中止になりました。


おしっこの間隔が、長くて1時間、そして短いと1時間の間に10〜15分間隔で5回もおしっこΣ( ̄ロ ̄lll)


こりゃダメだぁ〜となりました(^o^;)






発達障害の子は筋肉の収縮というのかな?緊張と弛緩のバランスが悪かったり、まだ成熟されてない事があって

筋肉自体が『弱い』というのもあるらしいです。



体幹バランスが悪いため姿勢保持が難しい、そのため疲れやすくなったり、多動に繋がる部分もあったり

筋肉という幅広い部分のあれこれが、いろんな能力のデコボコになる、そんな感じなんだな〜って←抽象的過ぎるf(^^;


手先が不器用なのも。
真っ直ぐ歩けないとか、転びやすかったりぶつかりやすかったり。
ハイハイや歩くのが遅いのとか、もちろん発達障害関係なく遅延のある子いるのかもしれないけど、
そんな感じで。
膀胱の方も同じようにちょいと遅れが出るみたいですねやっぱり。


私の感覚としたら、関係無いところに無意識に力が入ってしまう事、平均台出来ない、真っ直ぐ歩けない、姿勢が悪い、体育は練習しても体のコントロールがうまくいかなくて出来るときと出来ないときの差が大きく出るとか

そういうのって、注意されたりバカにされたり、自信を無くしたりする原因にもなる



体幹鍛えたりは出来るみたいだけど、筋肉自体が弱いとなると、落ちるのも早いということなのかな?

姿勢、体のバランスの悪さって、不調や病気にも関わってくるし、一生気を付けていかないといけないのかなーなんて、なんだかね。



Y君もバランスというのは悪いみたいで、関係無いところに力が入ってうまくいかなかったり、そんな力入れなくていいのにガチガチに込めてたり、今だけとは言えないかもしれない不器用さをよく感じさせられます。








Y君がいつトイレの間隔が2時間あくくらいになるかはわからない。
4歳とかになってもまだおむつの子もいるようだし、こればっかりは見守るしかないようです。


幼稚園入るまでには取りたい!みたいなのとかは考えてなかったから、子供のペースでいいと思うけど。

本人は、トイレでおしっこ出来るとやっぱ嬉しそうだし、出る時はわかってるみたいで、ゆっくりでもオムツ外すように前向きに考えてあげた方がいい気もする…。


自分から出る前に申告は出来ないけど…やっぱためるというのがまだ難しいということは、教えてもトイレに行きたい!と発信するのも難しいものなのかな?


おしっこの出る間隔と、出る感覚←oh yeah


そうじゃなくて





出る前の感覚と出てる時の感覚がわかるわからないはまた別ものかも




トイトレはしないにしても、トイレに誘う事は続けた方がいいのか、その辺はちょっと療育の日に相談しようかな。






トレパンって高いですよねー買った90のサイズもうキツくて(笑)
漏れたら嫌だし下着だからってこのサイズにしたんだけど、たった半日でもう使えないみたい(|||´Д`)

Z君はY君より早くオムツ外せると思うのだけど、Y君より大きい子だから90使えるか微妙……

手足が延びたら少し細くなるよね…?(笑)


ジャイアンとかガキ大将的な体つきしてますよ(゚Д゚;)






なんかいろんな所で、思ってもみなかった不自由さみたいなのを感じてしまう。


姿勢の事やバランス、不器用さ、せっかち?そういうのはわかっていたのにここにも繋がってるとは〜みたいな。


たった1つからあれこれのデコボコに繋がるんだなーって




そして、『療育』は治すのではないっていつも思う
強くなるための力を身につける
皆と過ごせる知恵をつける
練習の場
自分の特性のコントロールを学ぶ


こう書くと学校みたいだけど



私に出来ることはみんなやってあげたいなと思う。
皆のようにスマートに、不安とか何も考えないでいろんな事を楽しみながら気持ちよく参加出来たらって自分の中の想いが、

Y君を通してよみがえる

 

 

 

 

 

 

 

なんか今日はふわっとした書き方しか出来なかったな(笑)



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM