幼稚園に入って3日立ちました

長男Y君 comments(0) - U-I

忙しくて書きたいと思いつつも時間が無かった…

いつの間にか、気がつけば入園していたYくん。



幼稚園生になりやした。




入園1ヶ月前からめきめきと出来ることが増え、急成長してました。
この時を待っていたかのようだ。

前向きに頑張る姿が目立ってきて、それなりに会話になるというか、こちらが聞いてることを理解して回答出来る事が増えた。



入園式でも泣く事はなく、ずっと付き添ってはいたけどなんとか頑張っていました。
制服を着るのも、ベレー帽を被るのも嫌がるかと思いきや、むしろノリノリ。
はしゃいで家を出ていきました。


入園式次の日はさっそくバス通園。
それも問題なく、幼稚園バスを楽しみにしてテンション高め。


バスが来ると、先生と挨拶を交わしていってきまーすっとニコニコで乗り込んだ。

むしろお兄ちゃんがバスに乗ってギャン泣きしたのはZくん。


公園よって機嫌をとっても、時々「兄ちゃんいっちゃったね」「あれ、兄ちゃんどこ?」
家でもしばらくは親指ちゅっちゅと吸いながらソファでぼーっと…


お兄ちゃんロス。

この日からとりあえず毎日お見送りの後は公園散歩がルーティーン化しつつあります…



半日保育は3日間。
帰りも問題なく帰宅して、その日あった事をちゃんと話してくれました。

歌や体操はやらなかったとか、その間は怒ってたとか(笑)


保護者会もさっそくあって、担任の先生が「ちょっとずつどれも参加してますよ」と。



療育でもちょっとずつ出来るところだけ参加してるから、そのまんまだなーと。


でもYくん今のところ幼稚園大好き!

保護者会のため帰りのバスは無しだったら「バス乗りたかった…」というし、 
明日は土曜日だからお休みですというと
「えー!いやだー!」と悲しむし。


月曜日からはさっそく1日保育だから、疲れが出たり、苦手な事をやる場面が増えてくじけたりするんじゃないか…とも思うけど、
なんだか大丈夫そうだなって安心感も大きい。




思えば、ものすごーく濃い3年間だったと思う。
2歳から療育があって、母子分離もたくさんやった。
苦手なこともたくさん体験してたくさんないて、それでも切り抜けるという経験値たくさん積んだね。

さらに、出来た!が増えてものすごく嬉しそう。自信がどんどんついて、へこたれないような強さも付いてきたように思う。

周りの環境にものすごく恵まれました。
Yくんが自信をつけて強く過ごせてるのも、療育や周りの人たちのおかげ。
優しい人ばかりで、ほんと嬉しいね。

変な目で見てる人もいるのだろうけど、そういうのあんまり気づかないから←
露骨に嫌なことを言われたら傷つく=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
でも、また頑張れるよう親子でなんとか力をつけていきたいな。



ほんとは、もうひとつ運動療育の教室にも行く予定だった。
見学もしてあとは契約だけ!という状態で入園したんだけど。
なんかこれ以上忙しくしなくても、幼稚園でやっていけそうだなーとか、
その教室が家から徒歩40分だったこともあって…
魅力的だったんだけど、とりあえず今はこのままでやっていくことにしました。


何かあれば私たち親が教えて行こう、って。





他の3歳児で幼稚園派の子は、母子分離の経験も少ないし、Yくんのこれまでの経験はそりゃ自信になるよね。





あと、隣駅まで通いに行ってる療育では、目標や目的に沿ってやっていく。
6ヶ月を目安に見直したりいろいろするんだけど、3ヶ月立って中間報告をこの前受けました。


目標としていた事が出来るようになってきてるのがよくわかって、本当に身に付いてるんだと改めて感じることが出来た。

授業?のモニタリングしてると、もちろんYくんのいい変化をちゃんと見ることが出来ていたけどね。







名前を呼ばれたらお返事する事が出来るようになったんだけど、大きな声を越えて叫び声になってしまうYくん。

月曜日までに、声の大きさの絵カードは作ろうかと思ってます。




嫌なときにすぐキャーと叫ぶのは相変わらず無くならない…



でも、制服を着るとすごく頼もしいお兄ちゃんに見えます。










因みに、私も先生にものすごくおせわになっちゃってます笑


保護者会で内容を理解することが出来なくて迷惑かけたりしたくなかったので、ICレコーダーで録音してたんですが。


それをわかった上で、担任の先生がわざわざ手書きで保護者会の内容を書いてくれました。


たぶん、その場で書いたのだと思います。
旦那が一緒に来てたらその必要は無いのもわかってくれてると思うので。




私の事も、Yくんの情報と一緒に発達センターから幼稚園に連絡が行っていたのか、ものすごーくよくしてくださってます。


連絡ノートをさっそく書いて、さっそく字を間違えてたらしく後日それを見たパパに突っ込まれたけど。

先生ならわかってくれてるから、まぁいいや!と、ちょっと恥ずかしいけどね、そんな感じです。

バカ丸出しで周りにも確実にそう感じさせてるのもわかっです。この感覚はいつになっても嫌なもの。


でも仕方がないとか、子供が幼稚園入る前に自分のこと理解できてよかったと思える。

今から小学校の事が心配だよ笑
幼稚園みたいに手厚くなんかしてくれないだろうからね。
子供じゃなく私に?(^^;
内容も幼稚園より難しいことたくさん増えるだろうし…



でもYくんも頑張ってるし、一緒にがんばろー

 










にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



 


一時保育の利用終了

長男Y君 comments(0) - U-I

今日で一時保育の利用が最後のYくん。

なんだか寂しいなー。

Zくんはまだ一年お世話になりますが。




Yくんは5ヶ月くらいの時から、もうひとつ登録していた保育園の一時保育を時々使っていました。


離れても泣かない方だったけど、それでもなんとなく馴染めてなかったかな。



1ヶ月に1度とか、ほんのたまにだったし。


でもZくんを出産してから、今使ってる方の一時保育に週に2回は預けるようになりました。


一年近く前に、登録に1回行っただけだったのに、顔を見ただけであだ名まで覚えてくれていてくれたここの先生たちは、ほんっとうにお世話になりました。
泣くどころか楽しくて帰りたがらないぐらい気に入ったようて、それからはずっとこちらを使わせてもらって。



1歳半頃から3歳4ヶ月になるまでずっと一緒に育ててくれた先生たち。



イヤイヤ期や、発達障害の特性が一番良く出てくる、難しく大変な時期に、
一緒になって悩んだり考えたり、向き合ってくれました。



対応の難しさを一緒に感じてくれたので、これはお母さん大変ですね、と、私の気持ちをわかってもらったり(笑)、


Zくんも5ヶ月前から一緒に預けたりしはじめて、いろいろ親身になって接してくださっていたんです。



トイレトレーニングが思ったより早くすすんだのも、
スプーンの逆手が早めにマスター出来たのも、この保育園の存在があったから。



16キロほどある3歳の男の子を、ダッコで寝かし付けさせてくれたり…お昼寝時間の調整や起こす時間もこちらに合わせてくれたし。


 

 

 

 


療育も早くに通い始めた事もあって、誰よりもたくさんの事を経験することが出来ました。


細かくひとつひとつ教えてあげなければわからない子だけど、周りがしっかりとひとつひとつ優しく教えてくれて、少しずつ出来る事や興味を持てるようになって
 

療育で教わったことを伝えると保育園の全然も実践してくれました。


小さな失敗にパニックになったり、きりかえが難しくて大変だったのに、
いまでは新しい事や苦手なことにもチャレンジする時が出て来るようになりました。

良く笑い、自信のある様子が見られます。




最近ではなんと、
「起きて、一人で着替え、夜のおむつもおむつゴミ箱に捨てる」という作業が一人で出来るようになってます。


私が起きたときにはもう着替え終わってリビングに居ます(笑)

出てるおもちゃで遊ぶくらいで、他のしまってあるおもちゃを広げてるわけでもなくちゃんと待ってるんです。



自分でちゃんと出来るようにと、ひとつひとつ一生懸命教えた事が出来るようになって、本人も嬉しいみたい。


側に居ると、着替えもやって〜と甘えちゃってますけど(笑)


パニックを起こしたときや起こしそうなときも、落ち着く方法を教える、パニックにならずに伝えるよう教えていくと、今ではかなり落ち着いて伝えられるようにもなってきたと思います(まだぐずぐずするときあるけど)



失敗しても、「まいっか」精神をうえつけたくて声かけに気を使っていたのがよかったのか、最近身に付いてきた感じもあります。




保育園の先生たちもめきめきと成長してきた姿を見て安心してくださってる様子。


成長したらしたで、また違った困りごとも出てきますが、まずはこの次のステップ[幼稚園]で、頑張れる強さは身に付けられたんじゃないかなーって思います。

 

 

 

その証拠に?


3歳3ヶ月で、やっと手遊びなどを一緒に出来るようになってきました。

もちろん、ゆっくりゆっくり、Yくんのペースに合わせて教えながらですが。

こんな簡単な動きがなぜそれになる?!といった極度の不器用さが見てとれる(笑)ものの、
大きな栗の木の下で は、一緒にほぼ同じくらいのペースで歌えるようになってきたし

グーチョキパーでーグーチョキパーでー、までは一緒に合わせて出来るようになってきました。



教わるのも、出来ない自分もわからない自分も嫌だったのにね。


幼稚園で皆と一緒にすることはまだ出来なくても、
こういうのを楽しいと思いながら、たとえ私とだけでも取り組めるならそれで満点。





教え方を気を付ければちゃんと応えてくれるようです。




6月に、初めての発達クリニック受診もあります。


療育通いも継続しつつ、幼稚園生活も楽しく過ごせるといいな。





一時保育の利用が終わってしまうのはとても悲しいけれど、まだ先生には会えるしね。



夏なんかは保育のお散歩時間に公園で会える可能性も高いし。





たくさんお世話になりました( ´ー`)







にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園の対応、信じようと思った事

U-Iの日 comments(0) - U-I

入園が決まっても、特に個別にYくんについて話すような事がないまま3月を迎え、心配しすぎだと思われるかもしれませんが不安だったんです。


どのようにして園で過ごすのか、ひとより苦手なことや見かけではわからない困り事があるのに、そのままにされてしまわないか、といった部分で。


療育のクラスの子達は皆園から細かいお話をされていたり、加はいをつける話もされたとのこと。

Yくんの行く園は、日々の作業も4〜5人ずつにわけられてじっくりやり、その他の子達は遊んで待っているといった、一人一人をしっかり見て貰えるシステムのようです。
加はいの話もなかったのは、これがあるからかな?と思いつつ…


わかってしまえばなんとか出来るけど、わかるまでは0から説明しなきゃならない部分があって、絵カードの必要性も感じていました。



なので、
最後の幼稚園訪問日に、そういったYくんの事と、私自身の事をお話に行こうと思っていたのです。




私の事というのは、説明が理解できなかったりする事です。


この先集まりとかがたくさんありますし、言われてた事が聞けてなかったり、理解できずに進んでしまっては私も困ってしまうし、周りに迷惑がかかりますからね。






当日の事。

行くとすぐに、私だけ連絡先の登録が出来ていなかったようで説明されました。

皆アドレスを登録して、園の情報などがメール配信されるようになってる(たぶんそんな感じのやつだと思う←)のですが、私は登録作業をしてなかったようです。
確か秋ごろ?そんな話があったような…

 


その説明をされるときに、保育士さんがどうもゆっくり話してくれてるように感じました。

幼稚園の先生だからかな…なんて思ったりしましたが、なんか不自然。
それにこれまではこんな風に感じなかった。


手振りもつけてる感じが、療育センターの先生に「ゆっくり話して」貰えるように伝えてからやってくれてたものと同じ感じだったので、もしや…?

 



登録作業は園側がすべてやってくれるとのことで、事務まで行くように言われました。


すると、話してくれてた先生が他の先生に私を連れていくように話し、事務までわざわざ連れてってくれました。
教室出てすぐなんだけど


今度はその先生が事務の人に話をしてくれて、私は紙にアドレスを書くだけでした。

しかも@以降のスペルがわからなくて恥ずかしながら省略したし(^o^;)

bとdがわからなくてね( ̄▽ ̄;)



それでもちゃんとやってもらえました。

携帯にメールが届いたときの確認も、他のママさんといっせいにやったのですが、先生がわざわざこちらまできて声をかけてくださったし。



こういうありがたいなーと感じられる行動をしてくれる時、それは相手が気遣ってる時です。
ずーっと「普通」に生きてきて、やっと最近“配慮”とかそういうのをして貰えるようになったから、よくわかります。




療育センターでのこれまでの情報等、幼稚園と連携が取れるようにしてあるので、たぶんYくんの事と一緒に私の情報も伝わってるんだな、となんとなくわかりました。

まだ資料にサインをしてそんなに立ってなかったのでびっくりでしたが、他に思い当たりません。

 

 

 

療育センターで私はパニックをおこしています。
これまでの生きてくるなかで、人前で大泣きするとか、声をあげるといったパニックをしたこと、ほぼありませんでした。


なんでだろうって考えたら…保護者という責任のある立場になったからかなと。


学生の時は「わからないまま」生きられましたし、
働いてる時は「自分のすべき事だけ」集中したり聞いたりすれば良かった。やり取りは大抵一対一だし、わからないことは確認しながら馴染みの仲間で仕事をする事が出来たから、パニックを起こすまでには至らなかったみたい。
←職種や人にも左右されるけど



でも、子供の事を説明したり、説明されたりするのって私にはとても難しい部分が多いみたいです。
仕事でこの作業をするには…というひとつの事ではなくて、いろーんな情報やケースバイケースがある中で話をしていく。

 

伝え方とかどんなことを言うかも人それぞれ。

話してくれてることが、Yくんのどの辺りに当てはまる事なのかを考えながら聞くのも大変でした。

 

なので
キャパが越えたり、フリーズしてしまう場合が出てきたんです。

 



幼稚園でも、基本的には大勢の中での説明会。
学校みたいな環境ですが、全然違う


何をすればいいのかわからないままその場にたたされて、内心あたふたしてた学生時代の感覚も思いだしつつ(笑)

 

今が一番、私の不得意な能力の面とも向き合いながら頑張っていかなきゃいけない環境というか。

 

苦手な場面が多い上に誤魔化せない環境というか。

 

 

でも、パニックなんか起こしたくないからね(泣)

キャパ越えたりしないでやっていけるようにするためにもだし、迷惑かけない為にも、周りに伝えなきゃいけないんだなーと思います。

 

 






そういったことを話そうと思ってたけど、この園では改めて話さなくても大丈夫みたい。

そして、子供がお世話になるより先に私がお世話になってみて(笑)、ここならきっとYくんも大丈夫だ!と思えました。



もう、入園まであと一週間ほど。


どうも他の園より情報が遅くてギリギリとか直前みたいで、細かい説明とかあんまりない感じがしますけど(笑)


すぐに保護者会もあるみたいです。
午前保育は2週間くらい?よくわかってない…


時間が出来るのか忙しくなるのかわかんないや(´- `*)






Zくん二歳の誕生日。
イヤイヤ反抗期真っ最中。


にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

療育 : 入園準備クラスが終わって

療育の様子 comments(0) - U-I

この前、子供発達支援センターでの療育のクラスが一旦終了しました。

次は年少グループに入ります。といっても、年で6回しか行かないみたい。
しかも1時間…。



最後のお教室中、母子分離なので外でいつものように終わるのを待ってる間にママさんたちとお話していました。

幼稚園の準備は終わったのかや、行く幼稚園の特色によって子供がどんな感じになるのかといったそれぞれの不安。




私は他の療育に行ってるのか聞いたらいい情報を教えてもらうことが出来ました!



私は現在隣駅のある療育教室に行っていますが、どちらかというと遊び重視。
この中で、その子のペースでちょっと苦手な部分を取り入れていく形です。



しかし、最寄り駅近くになんと運動療育を行っているところがあると!!

私もそもそも感覚統合をメインに療育を考えていて、男の子だし運動が出来るといいなと考えて探していたんです。


でも見つけられ無かった(・・;)



体操など出来ないのですが、そこに通ってるというママの話によれば、なん十回もラジオ体操を練習してたらできるようになったのだとか。


ここは放課後デイもあり、就学してからも継続して通えるし、就学後は送迎あり。
受給者証があれば通えるのですが、定員に空きはあるかなぁ…


まだ連絡していないけど、見学してよければ平行して通うか、こちらに乗り換えようと思います。



また、私が連れて行こうとかんがえていた子供の発達クリニックですが、話していたら小さい子は見ないみたいだとママさんに教えてもらいました(´Д`|||)


みんなちゃんと情報収集出来てるんだなぁ…



子供発達支援センターで二つのクリニックを紹介していると聞いてさっそく確認して、パンフレットをもらいました。



遠い…近くには無いってことなんだろうな。

幼稚園休んで行くんだろうなーとか、まだ幼稚園に通い始めていないから未知だ。


でも同じ悩みを持つママ達とのコミュニケーションはとっても大事だと思ったし話せて良かった。


このクラスが終わったのが寂しいけど、次に会えるといいな〜!
 

 



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM