知能検査 田中ビネー

長男Y君 comments(0) - U-I

お久しぶりです。


あっという間に子供たちが夏休みに入りました。


夏休みに入る前、発達クリニックで受けた知能検査の結果を聞きに行きました。


精神年齢は8ヶ月遅れ、IQは81でした。




ちょうど一年前くらい、療育を受ける前に発達検査を受け、そのときも精神年齢は8ヶ月遅れだったので、
Yくんのペースで順調に成長しているようです。


発達検査と知能検査は違いますが、療育を始める前には70ちょっとしかなかったIQがぐーんと上がっています。


27歳くらいのときに受けて80ちょっとだった私。
成長真っ盛りで脳が作られていく段階の3歳児と、衰えていくばかりの(笑)私のIQがほぼ同じ。


だからYくんは、教え方を工夫したり強く生きていけるようサポートすることが出来れば、将来だいぶ楽になるのでは?!と期待しています。


今、私より能力が上だなと感じる事も多いです。



体の筋力の問題で、姿勢が保ちづらくふにゃふにゃした動きをすることが多いので、この辺も頑張って行きたいと今は思っています(^_^;)


でも幼稚園で何かを教わるのが楽しいみたい。


先生からは、
一学期最後の体操で初めてラジオ体操のまねっこをしました!
と涙目で報告していただきましたよ♪

ラジオ体操とその後の体操もまねっこしたらしく、先生たちも喜んでくれたみたい。
クラスの子たちも「Yくんが体操踊った!!」となるくらい、これまでやらなかったから(笑)


始まる前に先生が少しYくんとお話したのがよかったようです。

おうちでは出来るようになったって聞いたよー先生も見てみたいなー

みたいな事を話してくれたようで。


もともと、何かを始める前にお約束やお話をすると頑張る事が出来るという所があります。

最近はそれを使って(笑)どんどん苦手な事に挑戦し、出来た!を増やして自信に繋げて行っています。


真面目というか、言われたことに素直な所も影響してか最近メキメキと力をつけていますo(*⌒―⌒*)o


歌も大好きになったのか、しょっちゅう歌って居るし、簡単なものならそれなりに歌詞も覚えてきてるようで。






知能検査では3歳児の項目が1つしか出来ませんでした。
その唯一出来たのは、絵を見て答える問題。

絵から違いを見つけるといった感じのものだったようです。

この能力は得意なようなので、わからないことは絵で教えてあげると良さそうだと言うことでした。


2歳児の項目で出来なかった事は、やはり耳で聞いて答える問題と、先生と同じものを作るという模倣の部分だったみたいです。




私も、耳で聞いただけではわからなくても、目で見ることで理解出来るタイプなんですが、
Yくんの方が理解力は上、理解するまでのスピードが私より早い!ということが既にわかりはじめています…(笑)


私は絵を認識するのにまず時間がかかるので…。

少しずつ、似ていても違うんだなってところが出てきてます。





毎晩たくさん絵本を読み、読むだけではなくて時に内容をクイズにしてしっかり頭に入れるよう工夫したりしています。

私は知識がなかなか付かなかったから、意識して教えるようにしていて。
知識も増えていけば、物事に余裕ができたり応用までの道が早くなるかも知れません。



この先、〔1と2のことをやります〕という現在のレベルから、学年が上がるに連れて〔1234の事をやりましょう〕となっていったときには、もしかしたらサポートが必要になるかもしれませんが、今はとどまること無く前進していると、
個人面談で担任の先生がおっしゃってました。


夏休みも多くの事を経験させて、それをちゃんと血となり肉となるよう(笑)考えながら過ごしたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

体を鍛える

発達障害 comments(0) - U-I

 


この前理学療法士さんといろいろ教わったり話したりしました。



私と、Y君と、そしてZ君までもが
生まれつき筋肉が弱く付きづらいらしいです。

おしりの筋肉が生まれつき弱くてなかなか付かないことから、私は三十路になっても足のいろいろな痛みに耐え、姿勢の維持や体の歪みなんかにもいろいろな影響を与えてます。


小学校の時から立つのも座りも姿勢が悪く、脚の膝部分が後ろ側にそった状態で立ったり、立ってキッチンにいれば必ず寄りかかっていたりといった悪い癖もついています。
テーブルでも肘をついたりぐだっとしてしまいやすくなり、背中が真っ直ぐに出来ない。


今では私も意識して少しずつ身に付いてきていますが、
同じことがやっちにも言え、歩き方もズリズリ擦るような歩き方で地面を蹴る動きが弱いです。
パタパタ音をさせながら歩くし、歩幅が狭いので地面を蹴らずに歩けてしまいます。


理学療法士さんにやっちの脚の重心やらを見てもらって、右足より左足の方が大きいことや、靴の選び方サイズの選び方なんかも教えてくれました。


片足は扁平足のように歩いているようです。
両方の小指が生まれつき内側に向かっていることも、指をしっかり使って歩けないことに繋がってくるようです。

これは外反母趾の小指版、内反小趾といい、今は痛みがなさそうですがこのままでは本当に早い段階で外反母趾や内反小趾になってしまいます。

私も外反母趾で苦労してます。



もう少し足のサイズの成長がゆっくりになったら、足の筋肉を鍛えられるような機能のついた靴を履かせた方が良さそうですが、イマからできることをやっていかないといけません。



ただ歩いたり走ったりしてるだけではなかなか身に付かなくて、どんどん筋肉を使わなくてもいい歩き方になってしまい、結果疲れやすくなっていくと教わりました。

足を見ても、「疲れやすい脚をしてる」と言ってました…





とにかく改善するには筋肉をつけるしかない。

でも筋肉が弱いので、普通の人と同じだけ運動しても、それでやっと皆と同じスタートラインに立てるくらい遅い出だしになってしまうらしいです。



つまりいろいろな面で人より努力しなきゃいけない。

運動のみならず…orz




運動としては、
蹴る力をつける為につま先立ちを取り入れた運動、
バランス感覚を鍛えるような運動、
自由では無く物に合わせた運動、


これらがいいらしいです。

つま先立ちをとりいれた運動というのは、背伸びのような動きとか、トランポリンでのジャンプ、あとはおしりの筋肉をつけるためのスクワット等。


まだスクワットは難しいですが…


バランス感覚や物に合わせるというのは、筋肉をコントロールする力を育てることが出来るようです。


けんけんぱのような、ワッカに合わせて飛ぶ動きは、ワッカからバランスを崩して倒れそうになったときに倒れないよう踏ん張る時に細かい筋肉も刺激しながら使う。


まだ片足立ちも出来ないし、両足飛びもワッカ目掛けてだとぎこちない。




でも頑張らないと、もうすでに脚の痛みを日頃から訴える事が増えてきてる。

幼稚園の運動や遠足なんかで、よく歩く場面があるときには、痛みからくるぐずぐずに困っています(^o^;)



水泳なんかで歩くだけでもいいといってました。


ま、私水泳長く習ってたのに立ち姿勢子供の頃から変わってないですから、やってればいいというわけでは無く、一筋縄ではいかないんだろうなって感じました。

サッカーのような蹴る動作もいいようです。


毎週土日のどちらかは、運動療育を視野に入れた活動をしようと思います。


今は土日のどちらかはラジオ体操を練習する時間を取り入れてます。


なんと、私と自宅でならフルでまねっこできるようにまでなりましたよ〜

動きはおかしいですけどね。

動画を撮って客観的に見たら、やっぱり「上手く出来ない障害の部分」みたいなのを感じました。

ひらひらうにゃうにゃ動いてます。

今はやろうとする気持ちにしか注目してないので、ここまで出来たら花丸!ですが、
年中さんになる頃にはもう少し体を細かく動かせるようにシフトして行きたいですねー



子供の将来を考えて継続的に行えるのは私だけだから、頑張らなきゃです。



因みにもうひとつの方の個別療育教室でも。次のステップに入ってきました。


まずは音楽をかけながら、音楽が止まるまで遊ぶ、みたいな事をしてました。

リズムに合わせるとか、ゆっくりや速くにあわせるのがまだ出来ないし嫌がるので、少しずつ。



いろいろちゃんと考えながら進めてくれてるのがありがたいです。

出来るならもう少し回数を増やして通いたい。
連れていくのが大変なのでなかなか出来ないし、そのぶん園や自宅で気をつけて行きたいと思います。





因みにZ君も、プレではY君と同じで、体操やルールのある遊びはギャン泣きでやりたがらず。

細かい反応は違うけど、やらないところは同じ?

でもZ君の方が出来ることも多いです。

なので、Y君に比べたら、やり方が良ければ早くに改善して行くんじゃないかなとも。




ひとつ心配なのは、Y君はわりとあっさり納得し、納得すれば指示に従えて、行動の切り替えは苦手でも気持ちの切り替えは上手い方だったと思います。
単純で素直。

それに比べてZ君は、嫌なものはなんと言われても嫌!という頑固さがあるので
そこら辺が邪魔をして、時間がかかるんじゃないかなーと。


まぁ、なんだか私のメンタル的には慣れたのかそこまで大きなストレスに感じず対応してます(笑)











にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

絵から見える成長

子供達の事 comments(0) - U-I

先日こども発達クリニックへ行ってきました。

筋肉の使い方がうまくないので足の痛みを訴え寝るまで泣き続ける事があったので相談したら、先生はわかってくれず、小児科受診を進められてしまいましたが…その他はちゃんと見てくれたと思います。

次は知能検査でまた行ってきます。



ちなみに、上にかいた足の痛みと、膝などの関節が柔らかいので膝が立ったときに逆にそりすぎてしまう事、少しずつ姿勢が保てなくなってきた事を、療育教室での理学療法士さんに相談。

別日でしっかりマッサージなど含め動きを見て教えてくれる事になりました。



理解してくれる人はやっぱり、そのジャンルの専門家ですね。








お絵描きをおうちでした話です。





これまでこのようにぐちゃぐちゃに描くだけでした。


それがなんと…



何かを描いている、と感じられるものになっていました!

すごーい。




次男Zくんは…




写真が逆さですが…新幹線の塗り絵です。
特に塗るというのが好きみたいで、ちゃんとライトのところを狙って丁寧にぬったり、全体的に背景を意識した描き方をしていてびっくりしました。



にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

集団と体と言葉

長男Y君 comments(0) - U-I

いいことばかり書いてもいられないので、今苦手なことなどを。



幼稚園の担任の先生が、個別療育教室との連携を取りたいと言ってきてくださりました。

今週、その療育教室の先生二人が幼稚園に見に来られます。

ここの療育教室は、6ヶ月間での目標を立て、それにそって個別の療育を行っていくもので、6ヶ月ちょうど立ちましたが目標をだいぶ達成していました。



でも、新しい環境での集団になると何も出来なくなって怒った顔で過ごします。

普段楽しくやるような事も出来なかったり。

個別療育やってる所での、集団(全部で4人 親、zくんも参加出来るやつ)も始めてやってみましたが、それもダメでした。

慣れてる先生や教室なのでもっと楽しめるかと思った。



言葉の発達としては、主語なんかは言わずに伝えようとしてきて、聞いても違う答えがかえってくる。
自分の伝えてる言葉だけで言いたいことをちゃんと伝えられてると思ってるので、こちらが理解出来てないと怒る。

Zくんのおもちゃをついつい動かしたくなって取ってしまい、取った事をわかっていない。
押したり叩く事もある。これは反射的なものだから、ダメだよと言えばすぐに謝れるけど…意地悪したって事もわかってはいるみたい?


体の筋肉の動かし方がうまくできてないので、たくさん歩いたりした日の夕方から激しい足の痛みを訴えた。



姿勢の維持が難しいという部分もちょっとずつ気になりだしてるし、私と同じで膝が逆に剃るような立ち方をしてるようだ。

これも足に負担がかかるので…。



朝、昼、夜の流れや時間の経過がわかっていないので、曇ってくると、朝になったの?とか、昼なのに「今って夜?寝んねするの?」と聞いてくる。


暑さに鈍感で寒がりなので体温調節がうまく出来てないみたい。高熱が3日続き、涼しくなった日から下がったりした。

 



まだパジャマの上にシャツを着てても気づかないで出来ない〜と泣いてたり、ふだんはわかってるのにズボンを上に着ようとしてて混乱があったりもする。



 



まぁ、私も小学校の時、トイレに行って脱いだらパジャマのズボンの上にズボンはいてた!なんて事あったんだけど(笑)





まだ、けんけんやペダルこぎが出来ず、
乗り降りが出来るようになってきたものの、ちょっと登る対象物が変わった形をしてるだけで、どうやればいいのかわからなくなってしまう見たい。






来月頭には初めての発達クリニックへ行きます。



 



個別療育の、次の目標も決める頃だし。



 



 



 



 



 





幼稚園はたのしく通っているものの、中身はどうなのか気になる。


 



 



 



 



にしても



いそがしー

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM